ワーママ主婦のとことん時短家事

家族がラクできる暮らしの整え方を配信中♪

スポンサーリンク

子どもがいてもスッキリ片付いたお家を保つ“投げ込み収納”



アイキャッチ

こんにちは。

日々楽することを考えているワーママ主婦のkaoriです。


自分がもっとラクして暮らせるように、暮らしの見直しをしています。

その中でも一番効果があったのは、収納法の見直しです。

 

収納法の見直しが自分の負担を減らす

最近、断捨離とかシンプルライフとか言ったフレーズが流行っていますが、見た目も綺麗な収納にはみんな憧れますよね。


Instagramなどでおしゃれなお家を見て憧れるけど、うちは小さな子がいるから綺麗な状態を保つなんて無理だなぁとあきらめていませんか?


私もおしゃれな生活に憧れてせっせと自分が家中を片付け回っていた時期もあったけど、結局は自分だけの負担が大きくてなかなか続けられませんでした。


そこで気がついたのは、自分の負担を減らすために重要なのは、家族のみんなが無理なく続けられる収納の仕組みを整えることでした。


とくに子どもは、いくつもの動作が必要な複雑なお片づけはできないので、子どもが使うところはワンアクションでできる“投げ込み収納”に変えました。


その結果、放っておいても家がスッキリ片付くようになってきたので、いくつか実践したことを紹介します。

 

子どもでもできる"投げ込み収納”実践例

①脱いだパジャマは一時置き場に投げ込む

パジャマの投げ込み収納

出来ることなら毎日洗濯したいけど、北陸の冬は毎日天気が悪くて洗濯が全然乾かないので、冬のパジャマは2回着てから洗います。


洗わない日は洗面所近くの階段においてあるboxに投げ入れます。

注)これならパパ(←一番やっかい)も脱いだパジャマを片付けてくれます(^_^;)


②おもちゃ収納はチェスト

おもちゃの投げ込み収納
チェストなら出し入れしやすく小さな子どもでもお片付け出来るので、寝る前に必ず全部片付けてリビングリセットしてくれるようになりました。


boxなどに細かく分類しすぎると、子どもには難しく苦痛に感じてしまうのでお片付けが嫌になるみたいです。


チェストなら中が見えないので、分類だけあっていれば入れ方がぐちゃぐちゃでもあまり気になりません。


③お風呂のおもちゃはカゴに入れるだけ

おふろの投げ込み収納
湯船に立った子どもの手が届く高さがポイントです。


出る前に湯船に散らばったおもちゃをポイポイ投げ込んでくれます。

 


④アウターや防寒具は玄関にあるランドリーバッグに投げ込む

アウターの投げ込み収納


帰ってきたら、脱いだコートや手袋・マフラーをboxにポイポイいれるだけです。


このboxはダイソーのランドリーバッグです。500円だけどしっかりしてます。


ハンガーにかけるのは子どもにはハードルが高いけど、これなら小さい子でもできます。


習慣化すると、リビングに脱ぎ捨ててあるアウターをママが拾って歩くことがなくなりました。


⑤毎日使うカトラリーはさっと取り出せるように

カトラリーの投げ込み収納

 

例えば、毎日家族が出し入れする自分たちのカトラリーは引き出しを開けてさっと取り出せるように収納し、

逆に私しか出し入れしないお客様用のカトラリーはこの下のケースに入れてあります。


引き出しをあけたらすぐに取り出せるので、子どもたちも箸並べを手伝ってくれます。

 

⑥救急セットは開けたら一目で分かるように

 

救急セットの投げ込み収納
家族みんながよく使う絆創膏なども、引き出しを開けたらすぐに分かるよう、大きさごとに分けて立てて収納してあります。


ホントはケースに入れたりして収納すると見た目は綺麗だけど、引き出しを開けてさらにケースの蓋をあけるのは、子どもには負担が大きすぎます。


なので、子どもたちが使う場所は、ワンアクションで取り出せる仕組みにしています。

 

 大切なのは、家族が使いやすい仕組みになっていること

我が家での実践例をいくつか紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか??

 いくら綺麗に収納されていても、目的のものが、引き出しを開けて、さらにケースの蓋を開けてやっと取り出せるのでは、家族がその動作を繰り返してるうちにすぐに乱れていってしまいます。

 

ママが頑張らなくてもスッキリしたおうちを保つには、何でもピシッと片付けるのではなく、それぞれが無理なく実行できること仕組みを整えてあげると効果的ですよ。