生活の知恵

【防災ガイド 保存版】災害時に役立つアプリ&ハザードマップの見方や避難のタイミング

災害アプリアイキャッチ
スポンサーリンク

 

最近は、
いつ・どこで・どんな自然災害が起きるか分からない日本

そんな災害大国日本に住んでいるにも関わらず、未だに防災意識が低い人もいるので、
知っていると役立つ防災知識をまとめてみました。

災害を防ぐことはできないけど、災害によって起きる弊害は事前の備えで減らすことができるので、ぜひ一度目を通してみて下さい。

この記事を読んで分かること

◎災害時に役立つアプリ
◎自宅のハザードマップの見方
◎避難のタイミング
◎備えておきたい防災グッズ

スポンサーリンク

災害時に役立つアプリ

最近はスマホが普及し、
災害時に役立つアプリが増えてきました。

災害時は正しい情報をいち早くキャッチすることができるかどうかで生死を分ける場合もあるので、便利なアプリは最大限に活用していきましょう。

Yahoo!防災アプリ

Yahoo!防災2

とりあえずこのアプリを入れておけば、大体の情報はカバーできます。

《Yahoo!防災で分かること》

・緊急地震情報
・津波予報
・土砂災害情報
・大雨情報
・避難所情報
・ゲリラ豪雨予報
・河川の氾濫予測
 など

あらかじめ地点を登録しておけば、
プッシュ通知で必要な情報だけを、
いち早く知ることができます。

また、
プッシュ通知の設定は細かくできますよ。

・登録地点は3カ所
→旅行時や遠方で暮らす家族がいる場合に便利

・マナーモードや夜間限定で通知設定を変更可能

 

\これさえ入れておけば大丈夫/

Yahoo!防災アプリ

 

Yahoo!天気

Yahoo!天気こちらは普段の生活でもかなり活用しています。

中でも一番役立っているのは雨雲レーダー

あと何分後に雨がひどくなるかまで分かるので、子どもと外遊びするときなどはこちらでチェックしています。

台風や大雨の時などは、
こちらで河川の水位なども確認できますよ!
Yahoo!天気

\もはや日常生活にも欠かせない/

Yahoo!天気

 

防災情報 全国避難所ガイド

避難所アプリ

《収録データ》

・全国避難所データ 13万件以上収録(データベースは随時更新しています)
・全国の避難所、広域避難場、帰宅困難者一時滞在施設、津波避難施設
・給水拠点、医療機関など

自宅以外の場所で被災した場合に便利ですね!

全国避難所ガイド

 

防災ログ

『防災アイテム(非常食・備蓄食料・防災グッズ)』が一括管理できるアプリです。

備蓄を写真に撮るだけで、期限や在庫の管理ができます。

防災ログを使えば、いま何の備えがあるかが分かり、賞味期限切れ等を事前に防ぐことができます。

期限が1ヶ月を切ったアイテムが表示されるのでひと目で分かるよ!
「防災ログ」の画像検索結果

\非常食はこちらで管理/

防災ログ

 

これらのアプリをインストールすることも、防災の一つだよ!

 

LINEは災害時にかなり役立つ

LINEには、
災害時に役立つ機能がたくさんあります。

アカウントで自分の状況を伝える

LINEの活用法

LINEアカウントに今の状況を記載しておけば、自分の状況を家族や友人に知らせることができます。

災害時は特に携帯のバッテリーは節約したいので、コレなら必要以上に連絡を取り合わなくて済みそうですね。

 

グループラインを活用する

家族や友人でグループラインを作っておけば、それぞれの避難状況が一目で分かりますね。

これなら、
それぞれ連絡を取り合う手間も省けます。
LINEグループ

 

居場所を知らせる

LINEのトーク(メッセージ)で自分の居る場所の住所と地図を送ることができます。
  saigailealet003
トーク画面の「+」マークから 「位置情報」を選ぶと地図が表示されます。スマートフォンのGPS機能をONにしていれば、自分の居場所が表示され、そのままトーク画面に送ることができます。

 

電話回線よりもネット回線の方がつながりやすいので、
災害時にLINEは大活躍ですよ♪

 

ハザードマップの見方や活用法

最近ようやく存在が知られてきた
『ハザードマップ』

あなたは、
自宅のハザードマップを見たことはありますか?
ハザードマップには災害の種類によって何パターンかあることを知っていますか?

ここでは、自宅のハザードマップの見方と、そこから分かる避難のタイミングについて解説します。

ハザードマップとは

 

ハザードマップとは
自然災害による被害を予測し、その被害範囲を地図化したものである。
予測される災害の発生地点、被害の拡大範囲および被害程度、さらには避難経路、避難場所などの情報が既存の地図上に図示されている。
(引用:Wikipedia)

 

つまり、自宅のハザードマップを見れば、この災害の時はあなたのお家にこんな危険が起きる可能性がありますよ!と言うことが事前に確認できる、命を守る超重要書類なのです。

ハザードマップの種類

ハザードマップは、
災害の種類によって何パターンか作成されています・

《ハザードマップの種類》

・河川浸水
・土砂災害
・地震災害
・津波浸水
・火災

ハザードマップにもいろんな種類があって、大雨と津波では浸水域は異なります。

また、浸水被害だけでなく、地震の時にどれくらい揺れやすい地盤かを表した地震災害用ハザードマップなどもあります。

自宅が軟弱地盤に立っている場合は震度以上に揺れる可能性があるので、より一層、家の耐震強化が必要になります。

ハザードマップの正確さ

このハザードマップのすごいところは、

近年起きた台風や大雨による浸水被害は、ハザードマップの予想浸水域&深さとほぼ一致しているというところです。

ちなみに今回の台風19号で浸水したこちらの地域も、ほぼハザードマップの予想と一致していました。

参考資料:東京新聞

浸水域

ただ、100%一致するとは限らないので、早めの避難を心掛けておくことはもちろん大切です。

ですが、あらかじめ自宅が何m浸水すると予想されているか知っておくだけで、いざとなったら2階に逃げればよいのか、他よりも早く避難しておく必要があるのかを知ることができます。

なので、
必ず自宅のハザードマップ
家族みんなで確認しておきましょう!

いざと言うときにすぐに確認できるよう、
印刷して防災リュックに入れておくと万全ですよ!

 

ハザードマップの見方

自分の住んでいる場所のハザードマップを確認するには、こちらのサイトが便利です。

ハザードマップポータルサイト

ハザードマップポータルサイト

こちらのサイトは
・わがまちハザードマップ
・重ねるハザードマップ
に分かれています。

わがまちハザードマップ

わがまちハザードマップでは、調べたい場所のハザードマップをすべて閲覧することができます。

わがまちハザードマップ

自分の地域を選んでクリックすると、
ハザードマップ一覧表が出てきます。

自分の地域のハザードマップ

あとは、自分が確認したい項目を選択すれば、自分が住んでいるところのハザードマップが出てきます。

世田谷ハザードマップ

これをもとに、それぞれの災害時はどんな危険性が予測されるか家族で話し合っておきましょう。

 

重ねるハザードマップ

こちらの方では、自分の住んでる地域に起きる危険を、すべて重ねて表示することができます。

浸水や土砂災害の被害を複合的に考慮するときに便利です。

重ねるハザードマップ

 

ハザードマップで確認しておきたいこと

ハザードマップは、自宅から勤務先までの地域を確認しておきましょう。

いざと言うときに再確認できるように、印刷したものを防災リュックや勤務先に常備しておくといいですよ。

《ハザードマップで確認すること》

・水害時の自宅予想浸水深さ
※津波と台風で異なる

・避難所と避難経路の予想浸水深さ

・勤務先からの帰路の予想浸水深さ

・地震時の地盤の強弱

・自宅の土砂災害の有無

 

自宅は何m浸水するか

まずは、
自宅の予想浸水深さを必ず確認しておきましょう。
※津波と大雨で異なります。

浸水の深さが50㎝の家と5mの家では、
避難のタイミングも異なります。

 

避難所は安全か

また、未だに避難所が浸水2mなどと言った場所に設けられている自治体もあります。

公民館などの平屋で2m浸水したらアウトですよね。

さらに、いくら安全な場所にあっても、避難するまでの経路が浸水していてはたどり着けません。

なので、安全に避難できる避難所はどこなのか、ハザードマップで今一度確認しながら、家族で決めておきましょう。

地震の時と水害の時で、
それぞれ安全な避難所は異なります。

 

勤務先から安全に帰るには

今回の台風のように水害が予測されるときは、勤務先からの帰路にも注意が必要です。

帰宅経路の途中に浸水する場所はないか?
どの道を通ると浸水を避けられるか?
なども普段から考えておきましょう。

今から考えておくのが難しい場合は、勤務先に印刷したハザードマップを置いておくだけでも、いざと言うときに助かりますよ。

 

スポンサーリンク

正しい避難のタイミングは

最近問題になっているのは、
避難のタイミングです。

今回の台風でも、あらかじめ避難していれば助かった命も、少なからずあったのではないかと思います。

いざ自分が当事者になっても、

みんな心のどこかで
・まさか自分が
・きっとたいしたことないだろう
・何とかなる

などといった甘えや、他人事のように思う気持ちが湧いてくるのだと思います。

そうならないためにも、
あらかじめ避難のタイミングについて知っておくことは大切です。

避難レベルとは

現在、首相官邸のHPでは、
避難に関してこのように認識されています。

避難のタイミング

《避難のタイミング》

・警戒レベル1
『早期注意情報』

災害への心構えを高める。

・警戒レベル2
『大雨・洪水注意報』

避難に備え、自らの避難行動を確認しておく。

・警戒レベル3
『避難準備・高齢者等避難開始情報』

避難に時間がかかる高齢の方や障がいのある方などは安全な場所へ避難
※自宅が2m以上浸水するかもしれない方は、この段階で避難しておきましょう。

・警戒レベル4
『避難勧告』や『避難指示』

対象地域の方は全員速やかに避難。
自宅の予想浸水深さによっては、
自宅の2階へ垂直避難した方が安全な場合もある。

・警戒レベル5
『災害発生情報』

すでに災害が発生している状況なので、
命を守る最善の行動をとる。

また、最近よく聞く避難を促す言葉ですが、これに関しても正しく認識しておきましょう。

レベル4の段階で発令される、
避難勧告避難指示

避難指示の方が緩い感じがしますが、
避難指示が最大級の警告であることは必ず覚えておきましょう。

避難のちがい

引用:内閣府

自宅が浸水や土砂災害に巻き込まれる可能性のある方は、レベル3の段階で必ず安全な避難所に避難するようにしましょう!

安全な場所に自宅がある場合は、レベル4の『避難勧告』が出た段階で、自宅の2階に垂直避難するのか、避難所へ行くのかを検討しましょう。

また、小さい子がいる場合や、垂直避難できない平屋やアパートの2階に避難する場合は、レベル3の段階で避難しておいた方が安心です。

避難所する場合に必要な知識

◎避難する場合は、ブレーカーを落としましょう。
→停電解消時に火災がおきることがあります。

◎子供の胸に氏名・親の連絡先を書いたガムテープを貼る
→避難中やボートなどで救出される場合に、はぐれてしまう場合もあるので

◎玄関に全員が無事に脱出したことを記載
→救助隊の方に、この家の中には要救助者がいないことを伝えるため
※空き巣に知られるので、これは賛否両論あり

◎LINEアカウントを変更する
→LINEアカウントに避難先を記載

LINEの活用法

 

台風19号から学んだ避難所知識
今回の台風で実際に避難所へ行ってみた方のご意見は、とても参考になりました。

https://twitter.com/yucky1313/status/1182990703430778880

https://twitter.com/irodoriovo/status/1183371337110175746

https://twitter.com/gotta_0419/status/1183665784343580673

 

《ここまでのまとめ》

◎自宅や避難所などのハザードマップを確認しておく
◎ハザードマップを参考に、家族で避難するタイミングを決めておく

 

備えておきたい防災グッズ

最後に、我が家が今まで試行錯誤を繰り返してきた、備えておきたい防災グッズについて紹介します。

備えるを3つに分けて考える

防災グッズと言うと非常用持ち出し袋ばかりが注目されますが、実際はいつどこで被災するか分かりません。

そこで、我が家では備えておきたい防災グッズを次の3パターンに分けて考えています。

備えておきたい防災グッズリスト

《0次の備え》
◎常に持ち歩く物
→普段のカバンに入れておく

《1次の備え》
◎すぐ持ち出せるようにしておく物
(非常用持ち出し袋)
→玄関または車に置いておく

《2次の備え》
◎自宅で生き延びるために必要な物
→自宅にストックしておく
リストはこちら!
備えておきたい防災グッズリスト

これらに関しては、
こちらに詳しく写真付きでまとめてあります。

【備えておきたい防災グッズ 全リスト】非常用持ち出し袋だけでは不十分⁉いざというときのために備えておきたい防災グッズ完全ガイドをまとめました。必要な防災グッズって、家族構成や住んでる場所によっても違うので難しいですよね。災害に対する備えは3つの場合に分けて考えると分かりやすくなりますよ。...
何から手を付ければよいのか分からないという方は、ぜひ一度読んでみてね♪

 

日常生活でも使える防災グッズ

防災グッズって、非日常的なものなので、ついつい後回しになってしまいますよね。

それに、使うか分からない物をわざわざ準備すると思うと、備蓄に対するハードルが高くなってしまいます。

なので我が家では、
何かを特別に備えるのではなく、
日常生活に防災を取り入れる
ということを意識しています。

イメージとしてはこんな感じです。
日常生活に防災を取り入れる

引用:NHK そなえる防災

防災のためだけに揃えるのはハードルが高いけど、
普段の生活にも活用できるものなら気軽に買い揃えることができます。

我が家で活躍中の
日常生活でも使える防災グッズはこちらにまとめてあります。

これだけは備えておきたい‼日常生活でも使えるおすすめ防災グッズいざというときに使えない防災グッズでは意味がありません!そうならないために、我が家の防災グッズは『日常でも使えるアイテム』でそろえています。実際に使ってみて役に立っている防災グッズについて紹介します。...

 

スポンサーリンク

自分&大切な人の命を守るためにできること

ここ数年は、全国各地で様々な災害が起きています。

そして、今後さらにその状況は悪化していくことが予測されます。

そんな時代だからこそ、一人一人の防災意識が高まればなぁと思い、知っていてほしい知識をまとめてみました。

これをきっかけに、
今一度家族で防災に関して話す機会を設けてみて下さい。

《まとめ》

・災害時に役立つアプリを入れる
・ハザードマップを確認する
・安全な避難所を確認する
(地震・水害の場合)

・避難のタイミングを決めておく
・防災グッズを準備する

自然災害は防げないけど
正しい備えをしておくことで
災害による弊害は減らすことができます

 

あると便利な防災グッズはこちらにまとめてあります♪

\買い忘れはありませんか/

おすすめ防災グッズ⇒

 

もし参考になったという方がいましたら、
この記事をシェアしていただけたら嬉しいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク