掃除

洗剤の断捨離!!たったこれだけで家中をキレイに保つ『場所別お掃除法』

スポンサーリンク
最近は便利な掃除洗剤がたくさんあるので、
それを買い揃えただけで家が綺麗になったような気になってしまうことはありませんか?

あれもこれも買い揃えていると、
あっという間に流行りの洗剤で溢れかえってしまいます。

洗剤の特徴などについての知識を持つと、
こんな汚れにはこの洗剤を使えばいいということが分かるようになり、
頑固な汚れでも時間も手間もかけずにスルッと落とすことができます。

そうすれば、

何種類も掃除洗剤を持たなくても、
最低限の洗剤でお家を綺麗にすることができるようになります。

いろいろ試してみて厳選した結果、
我が家が愛用している掃除洗剤について紹介します。

 

スポンサーリンク

掃除洗剤の断捨離:使ってるのはこれだけ

我が家で使っている掃除洗剤はこちらです♪
洗剤の断捨離

今現在我が家で使っているのはこの洗剤だけです。

あとは絶対に欠かせないパストリーゼ。

洗剤の効果を最大限に引き出す方法を知っていれば、
たったこれだけの洗剤で家中のお掃除ができます。

↓効果の引き出し方はこちらをみてください。

これで大掃除も簡単‼︎洗剤の効果を最大限に引き出す方法いくら優れた洗剤をたくさん持っていても、正しい使い方をしなければその効果は発揮されません!!今回は洗剤の効果を最大限に引き出す、知っておきたい掃除の知識についてまとめました。...
今回は、家の中の場所別お掃除法を紹介します。

 

場所別お掃除法

玄関

まずは家の顔でもある玄関です。

以前は張り切ってオキシ漬けをしてましたが、その後の水分をなんとかするのが大変すぎて挫折⤵︎⤵︎

最近は汚れた部分だけにウタマロクリーナーを吹きかけて、メラミンスポンジでこすっています。

玄関掃除

あとは水拭き雑巾で拭き取るだけ。

部分的にやるときは、拭き取りにウェットティッシュを使います。

 

トイレ

トイレ掃除

《普段の掃除》

便座や床にパストリーゼをふきかけ、トイレに流せるシートで拭きあげています。

以前はシート頼りだったので分厚い立派なトイレシートを使っていたけど、今はパストリーゼがメインでシートはふきあげに使うだけなので、毎日惜しみなく使える安いシートに変えました。

便器の中は、最近のトイレは優秀であまり汚れないので、週一くらいでウタマロクリーナーで磨くだけです。

ちなみに、洗濯がめんどくさいのでトイレスリッパとふたカバーは使ってないけどクッションフロアーについた水滴を放っておくと変色して取れなくなるので、予防のためにトイレマットのみひいてます。

 

《大掃除》

トイレのフタと換気扇のフィルターは外して、浴槽でオキシ漬けします。

何もしなくてもピカピカになります。

ドアやクロスはパストリーゼで拭きます。

ウォシュレットのノズルは引き出して、カビキラーをかけます。

床や便器などの汚れが気になる部分は、クエン酸パックしてから、ウタマロクリーナーをつけたメラミンスポンジで磨くと綺麗になります。

 

浴室

我が家のお風呂掃除はこんな感じです♪

この方法を続けていれば、大掃除はしなくて大丈夫です。

お風呂掃除

☆毎日

ウタマロクリーナーで浴槽を洗うだけ .

☆週1回

ウタマロクリーナーで床や水栓を磨く

水栓と鏡の水滴を拭く 

排水溝にカビキラー

エプロンを外して中を乾かす

☆2週間に1回

クイックルワイパーにパストリーゼを染み込ませたシートを付けて天井や壁を拭く

(カビ菌のもとや、水滴あとも全部リセットできます)

☆2ヶ月に1回

風呂釜・バス用品のオキシ漬け

エプロンを外して掃除後に防カビくん煙剤

ドアとレールを外して丸洗い

毎日拭きあげなんて絶対めんどくさくてできないけど、週一で水滴拭いていれば水垢はするっととれます(*^^*)

たまにはサボってもハイホームがあれば大丈夫♪

 

☆掃除グッズ☆

水栓・鏡→ハイホーム

床 浴槽→ウタマロ

排水溝→カビキラー

お風呂用品・換気扇フィルター→オキシクリーン

 

【オキシを無駄なく利用する方法】

オキシクリーン活用法

お風呂の残り湯にオキシクリーンを3~4杯入れて、かき混ぜながら泡だてます。

(お風呂が冷めてたら温め直してから)

追いだきをして、お風呂の配管の中をオキシで洗浄します。

次は、バケツでお風呂の温かいオキシ水をくんで洗濯槽に貯めます。

その後、洗濯機の掃除は“洗濯槽洗浄モード”に全てお任せです。

お風呂のオキシ水がまだ残っているので、お風呂グッズ(洗面器やイス)・お風呂の換気扇のフィルター・エプロンのフタ・排水口のフタ・ゴミ箱のフタなど、綺麗に綺麗にしたいものをなんでも漬け込みます。

トイレのフタを入れたりもします。

そのまま2時間ほどつけ置きしたら、中に入れていたものと浴槽を綺麗にすすぎます。

最後にもう一度浴槽に水を貯めて、追いだきをすれば、配管の中もすすぎ完了です。

 

フローリング

フローリングの掃除

毎日掃除機かけて、定期的にクイックルワイパーやってるはずだけど、久しぶりにこの方法で水拭きしたら、やっぱり雑巾が黒くなりました(><)
特に子どもの足のベタつき汚れには効果絶大です‼︎

夏の間についた皮脂汚れは、放置しておくと固まってしまってとれなくなるらしいので、この時期にぜひ一度お試しください

〈食器用洗剤水拭き法〉

水2ℓに対して食器用洗剤小さじ2を溶かした水でフローリングを拭きます。

中性洗剤なのでワックスがハゲることもないし、薄めの液だったらヌルヌルしないので二度拭きの必要もないし、食器用なので小さい子がいる家庭でも安心して使える洗剤です。

※ちなみに、雑巾を固く絞らず、水分を多めにしてレンジでチンして温めてから拭くと、すごく汚れが落ちます。

(我が家は雑巾は使い捨てなのでチンしても綺麗だし、そのあとレンジもパストリーゼとキッチンペーパーで拭くと食器用洗剤の蒸気のおかげで綺麗になります。)

この蒸しタオルのような方法で、壁紙の手垢で黒ずんだところも綺麗になります。(特にスイッチ周りなど)

壁紙はセスキやアビリティークリーンなどで拭くと綺麗になりますが、アルカリ洗剤は後々化学変化で黄ばんできたりするので、
少しの汚れだったら、この中性洗剤蒸しタオル法がオススメです♪

 

キッチン

◎調理スペース

キッチンの掃除

キッチンは基本的にパストリーゼのみです。

汚れを貯めなければ、パストリーゼで拭くだけでピカピカになります。

もし頑固な油汚れがある場合はセスキをおすすめします。

 

◎換気扇

換気扇はオキシ漬けをします。

塗装が禿げる場合もあるのですが、私の場合は見えないところだから気にならないし、

何より漬けておくだけで、こすらずピカピカになるのでズボラな私にはぴったりです。

 

◎食洗機

食洗器の掃除

我が家は、食器を手洗いした時は食洗機を全開にして水切りカゴがわりに使ってます。

水切りカゴを置いてた時はピンクぬめりが気になって掃除が大変だったけど、食洗機ならスイッチ一つで簡単に綺麗になります。

いつもの洗剤の代わりに大さじ2杯のクエン酸を入れて、食器を入れずに食洗機をスタート。

製氷機やスポンジラックなど掃除したいものを一緒に入れると便利です♪

料理用のクエン酸なら、ガラスコップなども入れて回すと、水垢が取れてピカピカになりますよ。

 

《ケトル》

ちなみにケトルも定期的にクエン酸洗浄してます。

ケトルに大さじ1杯のクエン酸と水を入れ沸騰させ、そのまま1時間くらい放置

水を流したら底をブラシでこすってすすぎ、次は水だけを入れて沸騰させたら、白いカルキ汚れが取れてピカピカになります。

 

窓まわり

窓のそうじ

◎サッシ

サッシの掃除で大切なことは、まずはサッシにたまった泥やホコリなどの汚れをできる限り取り除くことです。

その時に便利なのは、100均で売っているペンキ用のハケ。

ハケを使って、すみずみの汚れをかき出します。

汚れが残っている状態で水や洗剤などをつけてしまうとドロドロになって余計に大変になるので、
乾いた状態で出来る限りきれいにするのがポイントです。

これで大体綺麗になりますが、汚れが残っている部分だけウタマロクリーナーをふきかけてまたさっきのハケで磨きます

ブラシなどいろいろ試してみたけど、ハケが一番細かいところまできれいになりました。

ハケは洗って乾かせば、また何度でも使えます。

サッシがきれいになったら、ウタマロの泡を拭き取って、最後にパストリーゼをふきかけて仕上げ拭きをします。

パストリーゼで拭き上げると、ピカピカになるし、カビの予防にもなります。

ふきあげに使っているのはダイソーのペーパータオルです。

これはボロボロとクズも出ないし、凸凹になった表面が、汚れをきれいにしてくれるので、キッチンリセットにも使ってます。

 

◎窓ガラス

窓ガラス掃除で使うのは、パストリーゼとマイクロファイバータオル・ペーパータオルです。

パストリーゼをふきかけてマイクロファイバーで拭くと、拭きムラや繊維クズが残らず窓がピカピカになります。

汚れがひどい時は、その前に食器用洗剤を混ぜた水で水拭きするとよりきれいになります。

忘れてはいけないのは、窓ガラスのふちのゴムコーキング部分

一番カビが生えやすい部分なので、パストリーゼを染み込ませたペーパータオルで拭いておくと、カビ予防になります。

 

和室

和室の掃除

い草の畳は、何もお手入れしないとダニやカビのすみかになります。

お手入れの時に水分は大敵なので、蒸発しやすいアルコール除菌剤を使っています。

掃除機でゴミを取り除いたら、乾いたタオルにパストリーゼをふきかけて、畳の目に沿って拭いていきます。

(パストリーゼは変色しないか目立たないところで試してみてください)

(アルコールを使うことには賛否両論あるので、自己責任でお願いします。)

あとはよく風を通して乾かせばアルコールは揮発しやすいのでそのままで大丈夫です。

ちなみに酢で拭く方法もありますが、酢の種類によっては中に入ってる穀物がダニのエサになって、かえって逆効果なものもあるらしいです。

昔は畳の裏がワラだったので天気がいい日に畳をあげて乾かしていたらしいですが、最近の畳床(畳の中)は発砲ウレタンなので、側がカビたり、下から湿気が伝わってくることはないらしいです。

畳をあげて乾かす必要はないけど、大掃除の時くらいは畳をあげて、下にたまったほこりをそうじするとダニ防止にもなりますよ。

ちなみに我が家の畳は、ダニやカビに強い人工的な和紙畳に張り替えました。

メンテナンスフリーでい草の畳よりもかなり長持ちするのでおすすめです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

掃除洗剤はこれだけで大丈夫

いかがでしたでしょうか?

洗剤と汚れの特性を知っていれば、
少ないアイテムでも簡単にキレイにできるようになってきます。

ただ、これは日々の最低限のお掃除を続けてきて、頑固な汚れが無い場合です。

何年も蓄積された手強い汚れには
特殊な洗剤が必要
になります。

お恥ずかしい話、我が家も掃除に興味がなかったときは、
ちょっとやそっとでは取れない手強い汚れがたくさんありました。

そんな時に出会ったこの本。

毎年更新されるので、こちらが最新版です。

ここに載っているお掃除法で、
頑固な汚れがほぼリセットできました。

それ以来は、最小限の洗剤でなんとかなっています。

ぜひ皆さんも、
少ない洗剤で大掃除のいらないおうちをキープできる方法を実践してみてください。
ワーママでも続けられるキッチンリセットのやり方とコツ【完全ガイド】一見大変そうに見えるキッチンの掃除も、ついてすぐの汚れならパストリーゼ1本で簡単にきれいになります。ワーママでも無理なく続けられるキッチンリセット法についてまとめました。これでもう、大掃除も必要なくなりますよ!!...

↓洗剤の効果を最大限に引き出す方法はこちらから

これで大掃除も簡単‼︎洗剤の効果を最大限に引き出す方法いくら優れた洗剤をたくさん持っていても、正しい使い方をしなければその効果は発揮されません!!今回は洗剤の効果を最大限に引き出す、知っておきたい掃除の知識についてまとめました。...

↓我が家のお掃除法大公開

アイキャッチ
【暮らしガイド】お掃除の仕方♪収納の仕方♪掃除って、ちょっとの知識とコツをさえ知っていれば、意外と簡単な家事なんです。これだけ知っていれば、ワーママでも無理なくキレイを保てる掃除の知識をまとめました。掃除が苦手な方は、ぜひ一度読んでみて下さい♪...
スポンサーリンク
スポンサーリンク