ワーママ主婦のとことん時短家事

家族がラクできる暮らしの整え方を配信中♪

スポンサーリンク

ワーママ主婦でも無理なく続けられる“1週間のお掃除ルーティン”



アイキャッチ

 こんにちは。

常にもっとラク出来る方法はないかということばかり考えている、ワーママ主婦のkaoriです。

 

主婦のみなさま、毎日繰り返される家事おつかれ様です。

お料理は毎日やらないと生活していけないから絶対にやるけれど、お掃除ってやらなくてもなんとかなってしまうので、ついつい後回しにしがちですよね。

けれど、お掃除は貯めれば貯めるほど、かかる手間もアイテムも増えてしまいます。

そこで、仕事しながらでも毎日無理なく続けられる、我が家のお掃除ルーティーンを紹介します。

 

 一週間のお掃除リスト

我が家が一週間でこなすお掃除はこれだけです。

何をしたか忘れてしまうので、手作りリストを愛用中♪

お掃除リスト

 

それぞれ一週間の中のどこかでやるようにしています。

終わった項目からマグネットを移動して、残っているものを土日の朝やります。(日中は子どもと一緒に過ごしたいので)
お風呂の防カビくん煙剤洗濯槽クリーナーは月一程度なので、付箋に日付書いて貼ってます。

 

▼ちなみに、もっと長いスパンのルーティーン掃除はこちらを利用しています▼

おそうじログ

おそうじログ

  • Jun Nishio
  • ライフスタイル
  • 無料

 こんな風に、自分で項目を決めて、お掃除した日にチェックを入れるだけです。

f:id:kaoriyt:20181001214448p:plain

 外出中でも、次はどこをやろうかなぁ~と見れるので、とても便利です。

 

それではさっそくお掃除項目について紹介します。

《クイックルワイパー(ウェット)》

掃除機は毎朝かけますが、週に一度はクイックルワイパーにウェットシートをつけて、フローリングの掃除をします。

以前は、インスタグラマーさんのおしゃれ生活にあこがれて無印のモップを使っていました。

だけど、やっぱりクイックルワイパーの方が便利。

持ち手がグリップになっているのでどこに立てかけても倒れないし、

シートを取り付ける面の凸凹が絶妙でいい働きをしてくれます。

おしゃれなラップケースや洗剤ボトルにしてもそうだけど、やっぱりそれだけを専門に作っているメーカーの商品にはかないませんね(見た目は別として・・・

クイックルワイパー


クイックルワイパー比較

ウェットシートでの掃除は、夏は足のベタつき後がひどいのでもう少し頻繁にやります。

一ヶ月に一度は、食器用洗剤を溶かした水で雑巾掛けをします。

直接手で拭くのは大変だけど、仕上がりのサラサラ感が全然違います。

これについてはまた別記事で紹介します。

《棚の上》

クイックルワイパーした時に、そのシートを裏返して棚の上を拭きます。

(床や棚にものがあまりないのですぐ終わります)

《窓のサッシ》

よく開け閉めする窓のサッシだけ、棚を拭いた後のウェットシートで拭きます。

 

広い家ではないし、1階だけなので、一枚のシートでここまで全部やっても10分くらいです。

 時間がないときは床拭きだけにします。

《お風呂の念入り掃除》

お風呂の掃除

普段は浴槽を洗うだけなので、床や小物を磨いて、ステンレス部分のみ水分を拭き取ります。

最近は子供と一緒にお風呂に入っているときに、洗い場の念入り掃除を済ませてしまいます。

毎日拭き取りはできないけど、週に一度水分を拭いていれば、取れなくなるような水垢はできません。

排水溝は週に一度、カビキラーに頼ります。

 ちょっとでもラクをしたいので、今流行りのナチュラルクリーニング(重曹+クエン酸でシュワシュワー⤴⤴ってやつ)なんてやってられません。

《トイレの念入り掃除》

パストリーゼでドアや床や便座を拭きます。

便器はウタマロクリーナーで磨きます。

最近のトイレは優秀なので、便器の中は2週間に1回とかでも大丈夫な感じです。

トイレの掃除

 

《キッチン家電の掃除》

電子レンジや炊飯器や冷蔵庫をパストリーゼで拭きます。 

料理を作りながらやることが多いです。

定期的にやっていれば、特別な洗剤がなくてもパストリーゼ1本でピカピカです。

家電の掃除

 

《玄関掃除》

朝出かける前に、子どもが靴を履いている間にほうきでささっとはく程度です。

 汚れが気になる部分だけ、ウタマロクリーナーで磨きます。

 

玄関掃除

 《2階の掃除機かけ》

我が家は寝るのも1階なので、2階は週1でしか掃除しません。

 

 習慣化すれば大掃除も必要なくなる

いかがでしたでしょうか。

全部書き出すと大変そうに見えますが、何かのついでやすきま時間にささっとやっているので、あまり負担には感じません。

毎週同じように習慣化してしまえば、やるぞ!!と気合を入れなくても、自然と取り組めるようになりますよ。

何気なく続けていることですが、これのおかげで大掃除も必要なくなりました。

掃除はできるだけ早く(汚れが定着する前に)取り掛かることが一番の時短ですよ。