掃除

これで大掃除も簡単‼︎洗剤の効果を最大限に引き出す方法

スポンサーリンク

オキシクリーンセスキソーダ!

最近は便利な掃除洗剤がたくさんあるので、
それを買い揃えただけで家が綺麗になったような気になってしまうことはありませんか?

我が家もナチュラルクリーニングなどに憧れていろいろな洗剤を揃えてた時期もありました。

ナチュラルクリーニングで有名なのは、排水溝掃除などで、重曹とクエン酸を混ぜてしゅわしゅわ〜とさせるやつ!

けど、あれって反応してできた物質に洗浄作用はないので、ただあの発砲作用で汚れを浮かせて取ろうというなんとも地道な作業⤵︎⤵︎

もちろん頑固な汚れには太刀打ちできないので、毎日定期的に続けていく必要があります。

毎日あんなめんどくさいことを続ける。。。

ちょってでもラクすることを考えている私には絶対ムリだ。。。。

というわけで、結局は無理してやっていることは続かないのでやめました。

いろいろ試してみて厳選した結果、
我が家が愛用している掃除洗剤はこちらです

洗剤の断捨離

それぞれの洗剤を、どの場所でどんな風に使っているかはまた別記事で紹介します。

今回は、洗剤の効果を最大限に引き出す方法を紹介します。
スポンサーリンク

洗剤の性質と汚れの相性

みなさんはどのような汚れにはどんな洗剤が効くのか知っていますか??

どんなに優れた洗剤でも、
間違った使い方をしていては、せっかくの効果は発揮されません。

最近よく聞くようになった“セスキソーダ”

それ自体の洗浄能力はすごく高いけど、
セスキはアルカリ性なので、アルカリ汚れの水垢はいくらこすっても効果を発揮してくれません。

 洗剤の効果を最大限に引き出すためには、

酸性の洗剤アルカリ性の汚れ
アルカリ性の洗剤酸性の汚れ

化学反応を起こさせることです。

そこで、洗剤の液性と相性のいい汚れについてまとめてみました。

酸性の洗剤

酸性洗剤には、サンポール・クエン酸などがあります。

酸性の洗剤は、

・水アカ
・尿石
・サビ  に効果があります。

クエン酸でケトルや食洗器もピカピカ

いつもの洗剤の代わりに大さじ2杯のクエン酸を入れて、食器を入れずに食洗機をスタート。
製氷機やスポンジラックなど掃除したいものを一緒に入れると便利です。
料理用のクエン酸なら、ガラスコップなども入れて回すと、水垢が取れてピカピカになりますよ。

 

中性の洗剤

中性の洗剤には、ウタマロクリーナー・食器用洗剤などがあります。

中性の洗剤は、日常でついた幅広い汚れに効果があります。

ですが、液性は弱いので洗浄能力は低くなります。
そのかわり、手肌や環境には優しいですよ。

また、中性洗剤のメリットは、化学反応を起こして変色したり、有毒ガスを発生させたりすることがないので、どんな場所にも気軽に使えます。

 

アルカリ性の洗剤

アルカリ性の洗剤には、
セスキ・重曹・アビリティークリーン・オキシクリーン(酸素系洗剤はアルカリ性)などがあります。

アルカリ性の洗剤は

・キッチンの油汚れ
・お風呂の皮脂汚れ
・衣類の皮脂汚れ  に効果があります。

我が家では、風呂釜と洗濯槽の掃除にもオキシクリーンを使ってます。

他にもオキシ漬けをやって効果があったものは、
換気扇のフィルター汚れ、洗濯を干すピンチハンガー、子どもの上履き、衣服のシミ、浴室の洗面器などです。

洗濯を干す40連ピンチハンガーなどは、複雑な作りなので掃除しにくいけど、浴槽でオキシ漬けしている時にそのまま突っ込んでしまえば、新品のように細部までピカピカになります。

便利なオキシクリーンですが、アルミのものはハゲてしまうので気をつけてください。
フライパンのテフロン加工などもとれます。

我が家はステンレスシンクも微妙に変色したので、
キッチンではオキシ使いません。
スポンサーリンク

 洗剤と汚れの性質を知れば手間いらず

いかがでしたでしょうか?

洗剤の特徴などについての知識を持つと、
こんな汚れにはこの洗剤を使えばいいということが分かるようになり、
頑固な汚れでも時間も手間もかけずにスルッと落とすことができます。

そうすれば、何種類も掃除洗剤を持たなくても、
最低限の洗剤でお家を綺麗にすることができるようになりますよ。

ぜひ、みなさんも一度試してみてください。

↓こちらでおすすめ掃除アイテム紹介してます。

room.rakuten.co.jp

 

↓汚れをためないお掃除ルーティンの記事はこちらから

ワーママ主婦でも無理なく続けられる“1週間のお掃除ルーティン” 主婦のみなさま、毎日繰り返される家事おつかれ様です。 けれど、お掃除は貯めれば貯めるほど、 かかる手...
スポンサーリンク