ワーママ主婦のとことん時短家事

家族がラクできる暮らしの整え方を配信中♪

スポンサーリンク

【子連れディズニー攻略法】徒歩でも行ける舞浜ユーラシアに泊まって、たくさんのアトラクション&ショーを楽しむ裏技



アイキャッチ

子連れディズニーを120%楽しめるかどうかは、事前の下調べと準備でほぼ決まります。

何も考えずに9時ごろにふらっとディズニーに行ったのでは、アトラクションやレストランに一日中並んでいるだけで終わってしまう可能性も。。。

特に子供がいる場合は、

長時間並ぶ⇒機嫌が悪くなる⇒親も疲れる⇒みんながケンカするなどといった悪循環が繰り返されることが予想できます。

せっかくの夢の国なのでそれはさけたいですよね。

 

そこで、子連れでも120%ディズニーを楽しめる方法を紹介します。

※ディズニーの攻略法だけ知りたい方は、目次から飛んでください。

『ディズニーに行く前に事前にやっておくこと』からがおすすめ♪

お得な旅行プランの予約法

我が家が旅行に行くときはたいていは車を使うので、『じゃらん』『楽天トラベル』でホテルのみを予約します。

ホテルだけで考えると、旅行会社を使うよりもネットで予約した方がだいぶ安く泊まることができます。

じゃらんの場合

↓ご予約はこちらから

じゃらん

さらに、じゃらんの場合だとハピタスを通せばさらにポイントが貯まるのでお得です。

ここではハピタスの紹介ができないので、気になる方はInstagramからどうぞ。

 

www.instagram.com

楽天トラベルの場合

↓ご予約はこちらから

楽天トラベル

楽天トラベルは、結構ランクの高いホテルでも格安で泊まれることが多いです。

特に楽天スーパーセールの時に予約すると、お得な割引サービスが使えます。

さらに楽天ポイントが貯まったり、逆にたまっているポイントを利用することもできるのでお得です。

最大の裏技は家族の楽天ROOMから予約すること!!

そうすれば、なんとさらに5%のポイントも貯まります。

こちらの詳しいやり方はまた今度まとめますね。

 

旅行会社の方がお得になる場合も

《交通費が安くなる》

今回は新幹線を利用しての旅行だったので、JTBを利用しました。

どういうことかと言うと、

新幹線などの公共交通機関を利用する場合は、

旅行会社の宿泊プランとセットにすると、定価よりも安い料金で切符を買うことができるからです。

福井から東京までの電車代の場合、セットプランで申し込むと家族みんなで約1万円もお得に!!

なので、多少ホテルの宿泊代がネットより高くても、旅行会社でセットプランを申し込んだ方がトータルではお得になる場合もあります。

《旅行券を使えば3%引き》

さらに、JTBの場合は金券ショップで買った旅行券で支払いをするとお得です。

1000円分の券が970円で売っているので、実質3%引き!!

最終支払額を聞いてから、その分だけの旅行券を金券ショップで買えば無駄もありませんよ。

※どの種類の旅行券が使えるかは、事前に確認してください

《イベントを利用してお得に》

我が家が利用している旅行会社はショッピングセンターの中にあります。

◎抽選会

そのショッピングセンターで抽選会などのイベントをやっているときに旅行代金を支払います。

そうすると通常では体験できないくらいの抽選ができるので、子どもたちも大喜びだし、かなりの確率で賞品も当たるのでお得です。

◎プレミアムお買い物券

定期的に発売されるショッピングセンター内のプレミアムお買い物券。

5000円で5500円分のお買物券が買えるので、なんと10%引きで旅行に行けてしまいます。

ちなみに前回は、お買物券で支払って10%得をして、さらに抽選も20回できて1万円分当たったので、かなりお得に旅行に行けました。

 

ホテルは舞浜ユーラシアがおすすめ

おすすめポイント① ディズニーから近い

舞浜ユーラシアホテルは、ディズニーオフィシャルホテルではないのに、ディズニーシーなら徒歩でも行けるくらい近くにあります。

 

地図

◎ディズニーランドの場合

《シャトルバス》

舞浜ユーラシア⇔舞浜駅の無料シャトルバスが20分間隔(6時~23時半)で出ているので、行きも帰りもこのシャトルバスを利用しました。

ホテルのバス停は正面入り口前なのですが、舞浜駅のバス停は北口(ディズニーと反対側)なので、少し歩かないといけません。

今回実際に子供連れで歩いてみて、

舞浜駅北口からランドまでは徒歩5分でした。

《タクシー》

帰りに疲れて歩けない場合は、タクシーを利用してもいいかもしれませんね。

パパは5時台にランドへ行ったので、朝はタクシーを利用しました。

タクシーの場合:約7分1020円でした。

 

◎ディズニーシーの場合

《徒歩》

ディズニーシーの場合はとても近いので、大人の足なら徒歩15分で行けます。

 

《タクシー》

子供がいる場合は体力温存のためにタクシーの利用をおすすめします。

タクシーの場合:約4分720円でした。

 

 《シャトルバス&リゾートライン》

ホテルの無料シャトルバスで舞浜駅まで行って、リゾートラインを利用してディズニーシーまで行くこともできます。

リゾートラインは大人(中学生以上)260円・子供(小学生以上)130円です。

家族で利用する場合はタクシーよりも高くなりますが、子供がミッキーの電車に乗りたい場合などはよさそうですね♪

 

※ちなみにディズニーへのシャトルバスも出ているのですが、発車時刻が遅いのであまり利用できません。

シャトルバス

やっぱり近くがいいことを実感!!

今まではシャトルバスがあるグッドネイバーホテルを利用していましたが、ディズニーからバスで20分ほどかかるので、帰りは子供たちがバスの中で寝てしまい部屋まで運ぶのが大変でした。

今回はディズニーから数分でホテルまで戻れたので、部屋に戻ってからシャワーを浴びて寝ることができてよかったです。

朝もぎりぎりまで寝てられるので、次回からも少しでも近いホテルを探します!!

 

おすすめポイント② オフィシャルではないので安い

我が家の場合は、ホテルは寝に帰るだけなので、高いオフィシャルホテルは利用しません。

今回利用した舞浜ユーラシアなら、

冬休み期間にも関わらず

半年前の早割料金で大人一人8500円(食事なし)で泊まれました。

舞浜ユーラシアのスパ利用代金が大人2570円なので、それも込みで8500円は安いですよね。

同じ日のオフィシャルホテルはどこも3万円~6万円ほどだったので、寝るだけなら舞浜ユーラシアで大満足でした。

我が家は立派なホテルよりも、安くて3泊できる方を選びました。

おかげで中日(なかび)2日たっぷりディズニーを楽しむことができました。

 

どこのホテルを予約するときにも共通して言えることですが、できるだけ早く予約すること!!

安くて人気のホテルは半年前から予約が埋まってしまうし、早く予約すればするほど割引率も大きくなります。

 

おすすめポイント③ 23種類もの温泉に入り放題

 

地下1,700mから湧き出るエリア最大級の源泉かけ流しのある天然温泉スパ「舞浜ユーラシア」。
壮大な眺めを堪能できる露天風呂はもちろん、本格サウナ・岩盤浴・寝湯・洞窟風呂など23種類もの温浴設備でお待ちしております。

(引用:ユーラシアオフィシャルサイト)

舞浜ユーラシアには、なんと23種類もの天然温泉があります。

もちろん宿泊者は、無料で温泉も入り放題

温泉

オフィシャルホテルにもスパがついているところもありますが、別料金で利用可能になっているところが多いです。

ユーラシアなら、追加料金なしで何度でも温泉が楽しめます。

温泉だけでなく、漫画コーナーやテレビ付きの休憩スペースなども利用できますよ。

休憩コーナー

ディズニーで疲れてしまったら、早めにホテルに戻ってきてゆっくり休むこともできますね。

特に祖父母が一緒に行く場合などは、

さきにホテルに戻ってゆっくり過ごすこともできるのでおすすめです♪

おすすめポイント④ 花火が見えるレストランがある

ホテルにはバイキングが楽しめるおしゃれなレストランもありますが、おすすめは花火が見えるリーズナブルなレストラン「オーキッド」

レストラン

夜でも1000円前後で美味しい定食などがいただけます。

味はもちろんおいしかったですが、何と言ってもおすすめは、窓から見えるパーク花火。

外のテラスに出ると足湯もあって、

そこからもパーク花火を楽しむことができますよ♪

 

ディズニーに行く前に事前にやっておくこと

子連れディズニーを満喫するために、絶対に事前にしておかなければいけないことがいくつかあります。

チケットの購入

ディズニーの場合は、引き換えの必要がないチケットを事前に購入しておくことをお勧めします。

チケットを購入していないと

 

・チケットを買うのに並ばなければいけない

・旅行会社のチケットは当日引き換えが必要な場合も

・入場制限で入園できない場合も

 

ちなみに我が家はpaypay20%還元の時にファミポートでチケットを購入したので、なんと20%引きでディズニーのチケットを手に入れることができました!!

paupayの還元サービスは第2弾第3弾も予想されるので、ディズニーに行く予定のある方は、ぜひその時にファミマで購入してください♪

 

絶対にはずせないアトラクション&ショーをチェックしておく

あらかじめ予定を立てていきますが、当日の状況によってはスケジュールを変更することも考えられます。

あらかじめ絶対に体験したいアトラクションやショーなどはリストアップしておきましょう。

そうすれば急な予定変更にも柔軟に対応できます。

また、小さい子供がいる場合は、身長制限のあるアトラクションについては、どれが利用可能か調べておきましょう。

 

アプリを入れておく

最近は、アトラクションの待ち時間やショーの開催時間が一目で分かる便利なアプリがあります。

当日はそれを見ながら行動するとより効率的に回れるので、事前にそのアプリを入れておきましょう。

アトラクションの場所もすぐにわかるので便利ですよ♪

↓おすすめアプリはこちら

待ち時間 for TDL TDS

待ち時間 for TDL TDS

  • Keita Yamamoto
  • 旅行
  • 無料

 

ファストパスのルールを知っておく

子連れディズニーの場合は、できる限り待ち時間を少なくしたいですよね。

そのためには、ファストパスを最大限に活用できるかがポイントです。

ファストパスのルール

 

・家族分のチケットがあれば、一人が代表して全員分のパスを取ることもできる

・1枚目を取得してから2時間たてば、次のパスがとれる

・発券したパスの乗車時間になれば、次のパスがとれる

 

このルールをうまく活用して、1枚でも多くのパスを取得できれば、人気アトラクションにも並ばずに乗ることができますよ。

 

↓ファストパスについて詳しく知りたい方はこちらのサイトがおすすめ♪

castel.jp

 

おすすめの持ち物

子連れディズニーの場合は、持ち物も重要です。

《大人は両手が自由に使えるリュックで》

子供を乗り物から乗り下りさせたり、ファストパスをとったり見せたりするので、大人は両手が自由に使えるようにリュックで行くことをお勧めします。

レジャーシートやクッションマット・お菓子類などの貴重品以外の物は、大きめのビニールバッグなどにひとまとめにしておきます。

そうすると、乗り物に乗るときなどに、貴重品以外の物はベビーカーと一緒においておけるので便利です♪

 

《待ち時間対策グッズ》

最大のポイントはココです!!

子供が待ち時間を飽きずに過ごせるか。

今回はファストパスをうまく活用したので、最大でも30分ほどの待ち時間で済みましたが、普通に並ぶとなると1時間待ちなども考えられます。

・お菓子類

・ゲーム機器

・カードゲーム(パレード待ちのとき)

我が子が興味を持ちそうなものを用意して、うまく待ち時間を切り抜けましょう。

 

《クッションマットがおすすめ》

100均などで売っている折りたたみ式の発砲クッションマットは人数分あるとおすすめです。

レジャーシートに直接座ると冬の場合は冷たいし、ちょっとした待ち時間などに座る場所がないとき、子供だったらこのマットを広げて休憩することができるので便利です。

 

子連れディズニー攻略法のポイント

子連れディズニーを120%楽しむためのポイントは、いかに待ち時間を短くするかです。

そのために抑えておきたいポイントは次の4つです!!

《子連れディズニーを楽しむポイント》

 

ポイント① 少しでも早く現地に着く

ポイント② ファストパスを最大限に活用する

ポイント③ パレードの待ち時間と食事を組み合わせる

ポイント④ 効率の良い回り方を調べておく

 

ポイント① 少しでも早く現地に着く

一番大切なのはココ!!

ディズニーは開園前になるとすごい人数の行列ができて、入るだけでも1時間かかってしまうこともあります。

逆に考えると、開園から1時間の間は人が全員入りきっていないので、園内は比較的すいています。

ということは、

1分でも早く入園すれば次から次へとアトラクション乗り放題の状態を楽しめるということです。

我が家の場合は、パパが先に行ってゲート前で並んでいてくれます。

舞浜ユーラシアからだとタクシーで行けるので、舞浜駅に始発が到着する前の5時台に行ったら先頭をGETすることができました。

ポイント

 

5時台は無理にしても、開園2時間前には誰かが着いていて場所取りできると、開園5分以内には入場することができる。

あとから合流する子供たち&ママも1時間前には現地についているのが理想

 

1時間前だとまだレジャーシートを敷いて座っていられるので、我が家はいつもここで朝ご飯タイムです。

朝が早いのはつらいかもしれませんが、開園後1時間を堪能できるかどうかが重要なので、お昼くらいになったら中でゆっくり休むつもりで、少しでも早く現地へ着くことをおすすめします。

ディズニーの開園後は黄金の1時間と言われているくらい、貴重な時間です(笑)

 

ポイント② ファストパスを最大限に活用する

ディズニーの場合は、USJと違ってファストパスが無料なので、1枚でも多くのファストパスを取ることが大切です。

開園5分以内に入園したら、パパは全員分のチケットを持ってお目当てのファストパスを取りに行きます。

その時に注意したいのが、人気アトラクションで午後からのファストパスになっているものを取ってしまうと、2時間たつまでは次のパスが発券できなくなってしまいます。

理想としては9時台のパスをGETできると、その時間にはつぎのパスを発券できるので効率的です。

※シーのトイマニに関しては、開園2時間ほどでパスがなくなってしまうので、トイマニに乗りたい方は必ず朝1でファストパスを取得してください。

 

その後は 2時間経過or乗車時間 を見逃さずに、

発券可能になったら次々にパスを取得していきます。

最近はアプリで何時台のパスが発券されているかも確認できるので便利ですよ。

 

ポイント③ パレードの待ち時間と食事を組み合わせる

我が家の場合は、食事はレストランで取らず、テイクアウトのお店を利用します。

パレードは1時間前からシーティングOKなので、

最前列でパレード待ちしながら食事をとると時間を有効活用できます。

テイクアウトにおすすめのお店は後で紹介します。

レストランでゆっくり食事したい方は

 

・予約できるレストランを利用する

・みんなと食事の時間をずらす

 

普通にみんなと同じ時間にレストランへ行くと1時間待ちなどなので、待っている間にお腹がすいた子供の機嫌がどんどん悪くなっていきますよ。

 

ポイント④ 効率の良い回り方を調べておく

ディズニーでありがちな失敗は、何も考えずに思いのままアトラクションやショーを回っていき疲れてしまうことです。

ディズニーの中はとても広いので、端から端へと移動するとなると、結構なエネルギーを使います。

なので、

できるだけ移動距離が少なくなる回り方を考えておくとあまり疲れずに済みますよ。

おすすめの回り方は次で紹介します。

 

我が家の場合

ディズニーの近くに住んでいる方や、年パスを持っている方は、ふらっと訪れてそれなりに雰囲気を楽しんで帰っても十分満足できるかもしれません。

我が家の場合は、福井から数年に1度しか行けないので、

行くからにはやりたいことをすべて叶えたい詰込みプランです。

《インパークデータ》

 

家族構成

両親+小学生の女の子・保育園の男の子

 

入園日

12月25日(火)ディズニーランド

12月26日(水)ディズニーシー

 

混雑状況

普段の土日程度

 

滞在時間

8時から20時ごろ

 

楽しみ方

アトラクション&パレード(最前列)重視

レストランでの食事なし

ジェットコースターは2コ程度

 

 以上を参考に、実際の流れをご覧ください。

 

子連れディズニーランド攻略法

お待たせしました(笑)

いよいよモデルコースです♪

子供の年齢や好きなアトラクションも違うのでこれがベストなわけではありませんが、我が家の場合の回り方を紹介します。

どれも20分以内の待ち時間です。(ミートミッキーだけ30分)

 

 

赤字・・・アトラクション

青字・・・ファストパス

緑字・・・ショー&パレード

↓・・・大きく移動

 

 

5:10 

パパがディズニーランドへ到着

7:00 

ママ&子供たちが合流⇒ここで朝ご飯を食べる

7:45 

アーリーオープン

現在はゲートの工事をしているので、混んでいる日は早めにオープンして、以下の図の青エリアで待機することになっています。

自分の目的に一番近い場所で待機するのがおすすめ!!

(パパはモンスターズインクのファストパスをGET予定)

(ママたちはミートミッキーへ行く予定)

入園可能エリア

8:00 

パパはモンスターズインクのファストパスをGET⇒ミートミッキー

ママたちはミートミッキー

みんなで合流してミートミッキーへ並ぶ

ミートミッキー

※ミートミッキーはファストパスがないうえに、朝1か閉園間際しか待ち時間が減らない人気アトラクションです。

どうしてもミッキーと写真を撮りたい方は朝1で並ぶのがおすすめです。

ミートミッキーは別にいいという方は、この黄金の1時間を利用してどんどんアトラクションに乗っていってください。

《攻略ポイント》

 

朝の黄金の1時間は、待ち時間がないものにどんどん乗っていく。

ここで40分待ちなどしてしまうともったいない。

ファストパスがとれるものには並ばない。

 

《子連れにおすすめエリア》

 

トゥーンタウン&ファンタジーランド

待ち時間が少ないものからどんどん乗っていく

※船や鉄道系は後からでも大丈夫

 

子連れにお勧めのエリア

8:30 

ロージャーラビットのカートゥーンスピン

(ちょっと動きが早いです)

 

グーフィーのペイント&プレイハウス

(子供におすすめ)

 

ガジェットのゴーゴーコースター

(小さい子はちょっと怖いかも)

ミニーの家やチップとデールのツリーハウスなどは混んでても遊べるので、朝は立ち寄らずに次へ移動します。

 

(パパはバズライトイヤーのファストパスを取りに行ってから合流)

 ↓

9:00ごろ 

キャッスルカルーセル(メリーゴーランド)

 

アリスのティーパーティー

(小さい子はちょっと怖いかも)

 

空飛ぶダンボ

 

ピーターパン

(暗いところがあります)

 

ミッキーのフィルハーマジック

(3Dメガネをかけてみるタイプです)

 

黄金の1時間はほぼ待ち時間なしでファンタジーランドのアトラクションに乗れるので、他にもピノキオや白雪姫など、空いているものにどんどん乗っていきます。

※比較的空飛ぶダンボが回転率が悪く混みやすいので、待ち時間が少なければ先にダンボに乗っておくといいです。

10:30ごろ 

ファストパスを使ってモンスターズインク

(子供におすすめ)

 

スティッチエンカウンター

(スティッチとお話しできて子供におすすめ)

 

 ↓

11:30ごろ 

ジャングルクルーズ

(子供におすすめ)

 

ウエスタンリバー鉄道  

(赤ちゃんにおすすめ)

 

蒸気船マークトウェイン号

(赤ちゃんにおすすめ)

 

(パパはスペースマウンテンのファストパスを取りに行ってから合流)

12:30ごろ 

ファストパスを使ってバズライトイヤー

(シューティング系で子供におすすめ)

13:00ごろ 

トゥーンタウン付近でお昼のパレード場所取り&昼食

昼食にお勧めなお店は「プラズマレイズダイナー」

テイクアウトもできるし、席もたくさんあるので子供がお昼寝休憩するにもおすすめ♪

13:20   

お昼のパレード

パレードおすすめの場所

この場所は片側しか観賞場所がないので、絶対にキャラクターがこっちを向いててくれておすすめです♪

終わったらすぐに後ろのトゥーンタウンで遊べるます♪

14:00ごろ 

トゥーンタウンで遊ぶ

(ミニーの家やツリーハウスなど、子供が楽しめるところがたくさん)

 

お姉ちゃんはパパとゴーゴーコースターに乗ってました。

 

(パパはホーンテッドマンションのファストパスを取りに行ってから合流)

15:00   

クリスマスパレードの場所取り&おやつ休憩

15:40   

クリスマスパレード (最前列)

 ↓

16:30   

Celebrate! Tokyo Disneyland の場所取り

これは抽選なのですが、外れた場合はここがおすすめの場所

おすすめの場所

※一段高くなっているし、前が通路で誰も立たないので、シンデレラ城がよく見えます。

こんな感じで見えますよ♪

シンデレラ城

17:35   

Celebrate! Tokyo Disneyland (立ち見 最前列)

このプロジェクションマッピングのショーは感動ものなので、ぜひいい場所で見てね♪

ここはエレパレにもおすすめの場所なので、このまま場所はキープです。

18:00   

パパ&お姉ちゃん ファストパスを使ってスペースマウンテン

18:30   

ママ&子供たち  ファストパスを使ってホーンテッドマンション

 (暗いところがあります)

 

※お土産を買うならエレパレ前に交代で買いに行くのがおすすめ♪

エレパレが終わった後のお土産屋さんはカオスなので子どもは入れません。

19:30   

エレクトリカルパレード

我が家はこの瞬間を迎えるために1年頑張っています(笑)

なので、これだけは絶対最前列で!!

1列目と2列目では一体感が全然違います。

エレパレ

20:00ごろ 

まだまだ遊びたい気持ちをおさえて退園です

           

舞浜駅から無料シャトルバスでホテルに戻りました。

ちょうどホテルの駐車場から花火が見えてラッキー♪ 

 

補足:我が家はまだ子供が小さいのでジェットコースターなどはあまり乗らないけど、このスケジュールでいけばあと2つほどはファストパスも取れるので、パレード後にビックサンダーマウンテンやスプラッシュマウンテンなどに乗って帰るのもいいかもしれませんね。

 ↓ディズニーランドのおすすめガイドブック

room.rakuten.co.jp

子連れディズニーシー攻略法

子供の年齢や好きなアトラクションも違うのでこれがベストなわけではありませんが、我が家の場合の回り方を紹介します。

 

5:10 

パパがディズニーシーへ到着

(先頭をGET)

7:00 

ママ&子供たちが合流⇒ここで朝ご飯を食べる

 

8:00 

オープン 

パパはトイマニのファストパスGET

マーメイドラグーンエリア

ママ&子供たちはマーメイドラグーンエリアをめざして早歩き

地図

《攻略ポイント》

 

朝の黄金の1時間は、待ち時間がないものにどんどん乗っていく。

ここで40分待ちなどしてしまうともったいない。

ファストパスがとれるものには並ばない。

 

《子連れにおすすめエリア》

 

マーメイドラグーン&アラビアンコースト

待ち時間が少ないものからどんどん乗っていく

※船や鉄道系は後からでも大丈夫

 

8:15 

スカットルのスクーター 2回乗る 

(意外と怖いかも)

 

フライングフィッシュコースター

(小さい子には怖いかも)

 

ジャンピン・ジェリーフィッシュ

(高いところまで上がります)

 

ブローフィッシュ・バルーンレース

 (小さい子でも大丈夫)

 

ワールプール

 (コーヒーカップ)

 

アリエルのプレイグラウンド 

(水が出るので要注意)

 ↓

9:00ごろ 

キャラバンカルーセル 2回乗る

(2階建てのメリーゴーランド)

 

フライングカーペット 

(小さい子は怖いかも)

 

マジックランプシアター 

(3Dメガネをかけてみるタイプ)

 

シンドバット

 

レイジングスピリッツのファストパスGET)

10:00ごろ

エレクトリックレールウェイでウォーターフロントへ移動

※シーは広いので、移動にはこの列車を使うのがおすすめ

 

11:15 

ハローニューヨークのショーを見る

キャラクターがみんな出てくるので小さい子でも楽しめます♪

 

タワーオブテラーのファストパスGET)

12:00ごろ 

ファストパスを使ってトイストーリーマニア

(評判通り1番面白かったです)

 

パパとお姉ちゃんはレールウェイで移動して

レイジングスピリッツ

(1回転するジェットコースター)

 

ママと弟はビッグバンドビート鑑賞

13:00ごろ 

みんな合流してタートルトーク

(小さい子も楽しめます)

 

レジャーシートを敷いてお昼ごはん

海底2万マイルのファストパスGET)

13:30ごろ 

フォートレスエクスプローションで遊ぶ

おすすめスポット

意外と子供たちはこのエリアがすごく楽しそうでした。

このあたりにいると、次のショーがいい場所で見れます。

ショーの場所取り

14:00   

ハピエストセレブレーションオンザシー のショーを鑑賞

14:30   

ファストパスを使って海底2万マイル

(暗いところがあります)

 

パパはタワーオブテラー

(絶叫系)

 

ママたちはアクアトピア

(小さい子でも楽しめます)

 

合流後、ファストパスを使ってニモ&フレンズシーライダー

(小さい子はちょっと怖いかも)

 ↓

18:50   

ビックバンドビートに当選(前から4列目の真ん中)したので鑑賞

※ビックバンドビートは本当におすすめ!!

当選しなくても1回目は全席自由席なので、並んででも見る価値ありです♪

19:30  

ホットサンドなどのお店で夜ご飯

※ファンタズミックを見る予定の人は、場所取りしながら夜ご飯がおすすめ♪

20:00  

ファンタズミックをちらりと見ながら、お土産屋さんに

※ファンタズミック後のお土産屋さんはカオスなので子どもは入れません。

20:00すぎ 

タクシーでホテルに戻ると、また駐車場から花火が♪

 ↓ディズニーシーのおすすめガイドブック

room.rakuten.co.jp

まとめ

いかがでしたでしょうか?

家族構成や目的も違うので一概にベストな方法だとは言えませんが、何か一つでも参考になることがあればうれしいです♪

とにかく成功のポイントは事前の準備と下調べ!!

そして1分でも早く着くこと(笑)

朝の黄金の1時間にファストパスを取ったり、アトラクションにどんどん乗れなかったら、ひたすら待って乗る待って乗るの繰り返しになります。

我が家も子どもがもっと小さいうちは、朝だけ頑張って昼頃からはのんびり休憩しながらパレードを楽しむだけにしていました。

ぜひ皆さんも、家族で作戦を立てて、有意義な時間を過ごせるといいですね。

何か質問がありましたら、InstagramのDMの方へお願いします(^^♪

最後までお付き合いありがとうございました。