生活の知恵

7つの時短家事がワーママの心と時間にゆとりを生み出す

スポンサーリンク
主婦の皆さん毎日繰り返される終わりのない家事の繰り返しご苦労様です。

やっても誰も評価してくれない“名もなき家事”ってたくさんありますよね。

そんなささいな家事たちも、ちょっと工夫するだけで、手間とストレスが軽減します。

小さな時短家事の積み重ねが、
心と時間にゆとりを生み出してくれますよ♪

今回は、我が家で実践中のおすすめの方法を紹介します。

スポンサーリンク

時短家事① ボックスティッシュはすぐ使える状態でストック

ボックスティッシュを買ってきたら・・・

ストック場所にしまう前に、

パッケージのビニールを開けてバラバラにしておく。
取り出し口の紙のフタも取り外しておく。

ティッシュは使える状態でストック

ティッシュが空になって新しい箱を持ってくる時が暇だとは限りません。

ティッシュを買ってきた後、時間があるときにこの作業をひと手間加えておくと…

このようにあらかじめすぐに使える状態にしておけば、さっと取り出して使えるし、フタのゴミを捨てる作業もいりません。

事前にこの状態にまでしておけば、持ってきてケースに入れるだけなので、
手が離せないときは子どもに頼んでもできますよ♪

 

時短家事② ゴミ袋はまとめて記名しておく

我が家が住んでいる地域はゴミ出しも記名制

ゴミを出すときは必ず地域名と名前を書き込まなくてはいけません。

だけど、ゴミ袋を取り換えるたびにわざわざマジックを持ってきて書き込むのは意外と手間。

なので、ゴミ袋を買ってきたら、暇な時に全て記入してからしまってます。

10枚まとめて書いておけば、今までは10回マジックを取りに行ったりしまったりしていた動作が1回になりました。

ちなみに以前はおしゃれなゴミ袋ケースに入れていたけど、それも面倒なので今はゴミ箱の後ろに突っ張り棒で収納してます。

突っ張り棒を張って、上からかけるだけの簡単収納です♪

ゴミ袋は突っ張り棒収納

取り出しやすくて、高さも調節すれば前からは見えないのでおすすめです。

前から見てもスッキリ
スポンサーリンク

時短家事③ キノコはあらかじめ切って冷凍しておく

きのこ類は冷凍しておくと旨味成分が出てより美味しくなるよ♪

そこで我が家ではきのこ類は同じ種類をまとめて二袋買ってきて、あらかじめ切ってジップロックに入れて冷凍します。

きのこ類は凍らせても、使いたい分だけをパラパラと取り出せるので便利です。

数種類のキノコを混ぜ合わせたキノコミックスなども作って冷凍しています。

また、ほうれん草なども何束もまとめて買ってきて一気に茹でて、それを小分けして冷凍保存しておくとかなり時短になります。

 

時短家事④ 買い物したものはグルーピングしておく

たくさん買い物をしたときは、家に帰ってからその商品を分類しながら片付けていく作業って地味に面倒ですよね⤵⤵

食材だけならまだしも、日用品なども混ざっているときは家の中をウロウロ歩き回りながら片付けます。

そこで考えたのは...

買い物袋に詰めるときにあらかじめ分類しておく作戦!!

冷蔵・冷凍・常温・日用品に分けて袋詰めしておきます。

我が家は大きなスーパーで日用品や食材をまとめて買って、レジ袋もたくさんもらえるので、袋ごとに分けています。

そうすれば、帰ってきてからはその袋をそれぞれのストック場所にポンっとおくだけ。

冷蔵・冷凍はそのまますぐに片付けますが、洗面所にストックしてある日用品などはあとからお風呂に入るついでなどに片付けます。

レジ袋がもらえないお店で買い物してマイバックに入れるときも、
袋の中で冷蔵・冷凍など大まかに分類して入れるようにしています。

そうすることで、帰ってきてからは一気に同じ場所にしまえるので、冷蔵庫の扉を開けたり閉めたりする無駄な動作もなくなりました。

 

時短家事⑤ カトラリーは同じ種類でそろえる

地味だけど意外と時短につながっているのは、

カトラリーをみんな同じ物にしてしまうこと

カトラリーの種類はそろえる

今までピンクはお姉ちゃんで青が弟で……ママの箸にパパの箸……などとそれぞれのものが決まっていましたが、箸の相方を探すだけでも時間のムダでした。

箸を同じ柄に揃えてからは、どの2本を選んでもいいので、さっと準備ができるようになりました。

スプーンやフォークも全員一緒にしたいけど、まだ子どもたちは大きいのは口に入らないので、大人用と子ども用に分けています。

カトラリーを取り出したり机に並べたりする時に、
色のペアを探したり、パパのはパパの場所におくなど考えたりしなくて良くなっただけでもかなりの時短に♪

こんな些細な工夫の積み重ねが、
大きな心のゆとりにつながっています。

 

時短家事⑥ キッチンはすべて最短距離収納

主婦の方は、キッチンで過ごす時間ってとても長いですよね。

なので、キッチンでの家事を以下に時短化するかによって、家事の負担は変わってきます。

キッチンにおける時短家事で一番有効なのは、最短距離収納です。

最短距離収納とは

すべて使う場所に一番近いところに収納する。

キッチン収納

手拭きタオルもすぐ下の引き出しに収納するようにしたら、いちいち洗面所まで取りに行かなくていいのですごく楽になりました。

食洗機の洗剤も食洗機から一番近い場所に置いています。

毎日使うものはしゃがまなくても取り出せる上の段に、
あまり使わないものは下の段に収納しています。

よく使うものはワンアクションで取り出せるカゴ収納、
あまり出し入れしないものはホコリが入らないフタつきケース収納です

ちなみにシンクで使うものはシンク下の引き出しに、
フライパンやおたまなどIHで使うものはIH下の引き出しに収納しています。

フライパン収納

時短家事⑦ 掃除は汚れを事前に防ぐ

洗濯や料理に関しては、やらないと生きていけないので嫌でもやります。

ですが、掃除はしなくても死にはしない!!

なので、ついつい掃除は後回しにしてしまいがちです。

そんな面倒な掃除に関しての時短技は、

いかに汚れを事前に予防するか!!

汚れなければ掃除もしなくてもいいですからね。

ということで、我が家はいたるところで汚れが付かない工夫をしています。

予防掃除法

・トースターの受け皿にはアルミホイルを巻いておく
・洗濯機のフタやホースはほこりが貯まらないようにガードしておく
・カビが生えそうなところはアルコール除菌で事前に対策
・掃除がしづらいコーキングにはマステを貼っておく
・歯ブラシたての下にはティッシュをしいておく

↓これらの詳しい実践法はこちらをご覧ください♪

面倒な汚れは予防掃除で時短家事!!ほんのひと手間で掃除が楽になる掃除が苦手な人ほど、あらかじめ汚れるのを防ぐ工夫をしよう。事前にちょっとの手間を加えるだけで、掃除の負担をぐんっと減らせます。そんな予防掃除の実践例について紹介します。...

 

スポンサーリンク

小さな積み重ねが、大きなゆとりに

いかがでしたでしょうか?

一つ一つはささいなことだけど、
ちょっとした積み重ねが大きなゆとりにつながります。

“名もなき家事”というのは数え切れないほどありますが、

まとめてできることは事前の隙間時間にやっておくことで、
一つ一つにかかる時間を大幅に短縮できます。

一日の時間は限られているので、
家事の時短化を考えたり、あらかじめ負担を減らすために予防したりと、いろいろな工夫をする事で、だいぶ負担は軽くなりました。

中でも断捨離をして暮らしを整えたことは、時間と心に大きなゆとりが生まれました。
そんな断捨離ヒストリーについてはこちらにまとめてあります。

 ↓時間と心にゆとりを生み出す断捨離法

note.mu

ポイ活アイキャッチ
ポイ活疲れしない!頑張らなくてもポイントが貯まる【2019ポイ活ガイド】最近流行りのポイ活!ですが、稼ごうと思って頑張りすぎてしまうとポイ活疲れの原因に。そこで、頑張らなくてもポイントが貯まるポイ活法について紹介します。ポイ活疲れにならない、賢いポイントの貯め方についてもまとめてあります。...
スポンサーリンク
スポンサーリンク