子どもと暮らす

誰でも続けられる!子供の作品・写真・おたよりの簡単収納法

スポンサーリンク

 

家事の負担を減らすために家の中を整えてきましたが、
一番ハードルが高かったのが子ども関係の物です。

子どもが持ち帰る作品やおたより・・・

撮ったはいいけど、
どんどんたまっていく写真や動画・・・。

ほおっておくとどんどん貯まって
手が付けられなくなってしまいます。

これらの管理が大変なのは
『収納の仕組みが整っていない』ことが最大の原因です。

初めに仕組みさえ整えてしまえば
あとは簡単に収納していけるようになりました。

そこで、
我が家でやってみて効果があった収納法を紹介します。

これなら誰でも簡単に
子どもの作品や写真を収納していけますよ♪

 

スポンサーリンク

子供の作品の収納法

子どもたちの作品はどのように収納していますか?

我が家では、楽天で購入したメモリアルボックス
子どもたちが保育園や学校から持ち帰ってきたものを収納しています。

メモリアルボックス
ちなみにこのBOXは一人二箱で保育園〜高校までが完結する予定です。
このボックスの中には、次の物が入ってるよ♪

写真のファイル類は、
左から①賞状ファイル②作品ファイル③通知表ファイルです。

作品保管ファイル

①賞状ファイル(A3サイズ)

硬筆や図画コンクールの賞状だけでなく、
縄跳び大会やテストなどでもらった小さな賞状も入れています。

※A3サイズのファイルはダイソーの物です。

②作品ファイル

家で作った工作や、学校から持ち帰った作品を写真に撮って、
一覧で印刷したものを入れています。

作品ファイル

③通知表ファイル

※ダイソーのジャバラファイルです。

通知表の収納

赤ちゃんのところには支援センターに通ってた時の身体計測の結果を綴った紙、保育園のところには連絡帳を入れています。

先生が書いてくれた連絡帳は、子どもたちが私から離れて過ごしてる時間の出来事を知ることができる宝物です。

小学校からは通知表を入れています。

これ1冊で高校まで入ります。

最初のラベリングがちょっと面倒だけど、
一度仕組みを整えてしまえば
あとは決められた場所に入れていくだけなので簡単です。

④とっておきたい作品

ファイル以外には、保育園や学校から持ち帰った絵の中から厳選して残しておきたいものを表紙をつけてとじたものを保管しています。

以上の物をひとまとめにして、
メモリアルボックスに収納しています。

メモリアルボックス
今までバラバラで管理しにくかったけど、
このボックスのおかげで一つにまとめることができました。

 ↓メモリアルボックスはこちらで購入しました

room.rakuten.co.jp

番外編:残していおく作品の選び方

我が家の子どもたちは工作が大好きで、
家にいる時はせっせと何か作り続けています。

出来ることなら全部取っておきたいけど、
現実的にそれは無理なので、
我が家ではこんな風にしています。

《作品の残し方》

①工作や絵を入れるboxを一つ置いておく。

②それがいっぱいになったら
本人たちがいるものといらないものを決める。

③処分するものは一緒に記念撮影。

④写真がある程度溜まったら、
一覧に印刷してファイリングしています。

処分の仕方も、ゴミ箱にくしゃくしゃにして入れるのではなく、壊さずその形のままスーパーの袋にまとめて入れて、それをゴミ袋に入れてゴミ出ししてます。

4歳くらいの時なんかは、

「私が作ったのかわいいから、ゴミ収集のおじさんがもらって帰るね」

と自分で言いながら、
壊さないようにそっと袋に入れていたのが懐かしいです。

こっそり捨てるより自分で決めた方がいいみたいだし、
作る過程が大事なんだよって教えてあげたので、
今のところは「どうせ捨てるからもう作らない」とはなってないです。

頑張って作ったら、
ママが写真に撮ってくれるよ!

子どもの写真の収納法

◎おうちギャラリー

我が家では年間のベスト写真を色紙に貼って
おうちギャラリーに飾っています。

おうちギャラリー

アルバムにも何枚か写真を印刷していますが、
なかなか出してきてまで見ないので、
ベスト版だけでも毎日見える場所に貼っておくと癒されます。

裏にはその時に良くやっていた遊びを記録したり、
本人が書いた絵などを貼っています。

我が家では毎年誕生日にこれを作ってプレゼントしています♪
裏には思い出

これらの色紙は、最新版はギャラリーに飾り、
過去のものはダイソーの色紙アルバムに収納
しています。

 

◎シャッフルプリント

自分で作るのが大変な人は
『キタムラのシャッフルプリント』がおすすめです。

シャッフルプリント

規定枚数を選んでUSBに保存して店舗へ行けば、
お店の機械で自動的に出来上がります♪

↓シャッフルプリントはこちら

シャッフルプリント|写真プリントはカメラのキタムラ

 

◎写真や動画はDVDに保存

写真や動画などは、
一年ごとにDVDにやいて保存しています。

DVDに保存

子供が小さいときには、
1年分の動画と写真を使って5分ほどのムービーを作っていました。

なかなか昔のビデオを見返すことはないけど、
5分ほどの総集編ならすぐに見れるのでおすすめです♪

最近は、スマホのアプリでも簡単に動画編集できるものもあるので、ぜひやってみて下さい。

誕生日にそのころのムービーを見ると、
毎年みんなでほっこりした気持ちになります♡

そして私は毎年泣きます(笑)
僕も楽しみー♪

 

◎便利なサービスを使おう


《ネットプリント》

写真は年間50枚程度、ネットプリントで注文しています。

安くて仕上がりもきれいなので、
いつもここを愛用中♪

↓我が家一押しのしまうまプリントはこちら

ネットプリント しまうまプリント

《フォトブック》

私はフォトブックを作るのも好きなので、
いろんなサイトのフォトブックを試してみました。

こちらはスマホからでも簡単に作れる
おすすめフォトブックです。

いろいろなパターンのおしゃれなフォトブックが作れて便利です♪

↓スマホで簡単おしゃれフォトブック

フォトブック フォトブック

《バックアップ》

スマホに入っている写真などのデータは、
どのようにバックアップをとっていますか??

機械に強くて、パソコンへデータを移行できる方はいいですが、どうやって移せばいいかまったく分からないという方はいませんか??

最近は、そんな方にお勧めの、
こんな便利商品もありますよ♪

充電するだけで自動的にSDカードにデータを保存してくれる

という画期的な商品です。

room.rakuten.co.jp

 

スポンサーリンク

子どものおたよりの収納法


子どもが持ち帰ってくるお便りって
どんどん溜まっていきますよね。

ポイントは、
その日のうちに処理できる仕組みを整えること!!

我が家ではこんなふうに管理しています。

持ち帰ったお便りは、子どもたちが自分でカバンから出し、
ダイソーのA4ファイルに挟みます。

f:id:kaoriyt:20181015104112j:plain

場所を決めることでお便りの紛失も防げるようになったし、このシンプルなファイルなら出しっ放しも気になりません。

なるべくその日のうちに
ここに溜まったプリント類を私が仕分けます。

重要な行事や持ち物はカレンダーに記入したら、
ほとんどのプリントは処分します。

保育園と学校の月間予定表だけは掲示板に貼りますが、
表紙を一枚つけるだけで生活感がなくなります。

f:id:kaoriyt:20181015104226j:plain

その他にどうしても必要なものは、
人物ごとにラベリングした無印の個別フォルダに保管
しています。

このフォルダは、仕切りではなくプリントを挟むように管理できるので、見出しを引っ張り出すと、その人のお便りだけがさっと取り出せて便利です。

ホワイトがいい人はコクヨの個別フォルダがおすすめ♪

ちなみに、デジタルで管理したい人は、
おたよりboxというアプリが便利です。

おたよりを写真に撮るだけで、
外出先でもさっと確認出来ます。

otayori.nifty.com

 

スポンサーリンク

収納の仕組みが整えば、子どもの作品や写真の管理も簡単

どれも収納の仕組みが整うまでは大変ですが、
一度整えてしまえばあとはそれに従うだけなのであまり負担に感じなくなります。

子どもの写真・動画などの管理は大変ですが、
たまに子どもたちと一緒に見返したときにとても充実した時間を過ごせるので、とても価値のあるものだと思い続けています。

たくさんの写真や作品を残しておくのは子どもが小さいうちだけだと思うので、後悔しないように今のうちに自分がやりやすい方法を見つけてみてください♪

 

↓子供のおもちゃの管理法はこちらから

【おすすめおもちゃ収納】子供が自分で片付けられる仕組みを整える子どもがおもちゃを片付けられないの、その仕組みが原因です。子どもが一人でもできる仕組みを整えてあげると、自分でお片付けしてくれるようになりますよ。そんなおもちゃ収納の仕組みにつて紹介します。...

 

↓生活面や学習面を伸ばすためにできること

【教員が語る】これで差がつく‼小学校入学までにやっておきたい7つのこと教員と親側の両方の立場を経験した私が、入学までにやっておきたい7つのことについてまとめました。入学までにこれだけやっておけば、入学後にぐんっと差が付きますよ!...
スポンサーリンク
スポンサーリンク