子どもと暮らす

子供が自分でお片付けできるようになる3つのコツ【子供がいても綺麗なお家を保つ方法】

お片付けアイキャッチ
スポンサーリンク

 

子供がいると片付けても片付けても
家の中が乱れていきませんか?

それを全部ママ一人で片付けていたら
いくら身体があっても足りません。

そこで、
ママがもっとラクして暮らせるように
暮らしの見直しをしました。

そこで気が付いたのは、

キレイに見える収納は、
ただの自己満足にすぎないこと

キレイに見える収納を常に維持するのは
子供やパパには難易度が高すぎます。

なので、
その状態を維持することができず・・・

どんどん乱れていく
 ↓
ママが片付ける
 ↓
ママのストレスがたまる

こんなことの繰り返しでした。

そこで、

ママが頑張らなくても
子供たちが自分でお片付けできる収納の仕組みを整えました。

その結果、

ママが一人で頑張らなくても、
片付いたおうちを維持できるように!

そこで今回は、

子供が自分でお片付けできるようになる3つのコツ
①子供でもできる投げ込み収納
②余計なものを置かない
③自分でできる仕組みを整える

について紹介します。

もっとママの負担を軽くしたい
と言う方は、ぜひ続きを読んでみてね

 

スポンサーリンク

子供が自分でお片付けできるコツ① 投げ込み収納にする

最近、断捨離とかシンプルライフとか言ったフレーズが流行っていますが、見た目も綺麗な収納にはみんな憧れますよね。

Instagramなどでおしゃれなお家を見て憧れるけど、うちは小さな子がいるから綺麗な状態を保つなんて無理だなぁとあきらめていませんか?

私もおしゃれな生活に憧れてせっせと自分が家中を片付け回っていた時期もあったけど、結局は自分だけの負担が大きくてなかなか続けられませんでした。

そこで気がついたのは、

自分の負担を減らすために重要なのは、
家族のみんなが無理なく続けられる
収納の仕組み
を整えること

子供は複数の動作が必要なお片づけはできないので、子どもが使う場所はワンアクションでできる“投げ込み収納”に変えました。

その結果、
放っておいても家がスッキリ片付くようになってきたので、いくつか実践したことを紹介します。

①脱いだパジャマは一時置き場に投げ込む

パジャマの投げ込み収納

出来ることなら毎日洗濯したいけど、
北陸の冬は毎日天気が悪くて洗濯が全然乾かないので、冬のパジャマは2回着てから洗います。

洗わない日は洗面所近くの階段においてあるboxに投げ入れます。

注)これならパパ(←一番やっかい)も
脱いだパジャマを片付けてくれます。

②おもちゃ収納はチェスト

おもちゃの投げ込み収納

我が家のおもちゃ収納は、大まかな分類(ゲーム・おままごとセット・お絵描きセットなど)だけ決めて、あとは引き出しをあけてポイポイ投げ込んでいくだけです。

片付けるのに必要な動作

引き出しを開けるという
ワンアクションだけ

これなら1歳の子でもできるし、
多少中がぐちゃぐちゃでも外から見たらスッキリ見えるので親もイライラしません。

さらに、
一つ一つのおもちゃの収納にも
自分でできる工夫が!

例えば、トランプやかるたなどを片付けるときに、きちんと揃えてケースに入れるのは3歳くらいの子には難しいです。

なので、我が家は、
この100均のケースに入れ替えています。

自分でできる収納

これだとドサっとそのまま入れるだけなので、
3歳の子でも一人で片付けられます。

あとは、このケースを
チェストの引き出しにしまうだけです。

場所もとらなくて引き出しの中にたくさん収納できるようになりました。

中身も見えるから
遊ぶおもちゃを選びやすいよ!

 

③お風呂のおもちゃはカゴに入れるだけ

おふろの投げ込み収納
湯船に立った子どもの手が届く高さがポイントです。

出る前に湯船に散らばったおもちゃを
ポイポイ投げ込んでくれます。

④アウターや防寒具は玄関にあるランドリーバッグに投げ込む

アウターの投げ込み収納

帰ってきたら、
脱いだコートや手袋・マフラーをboxにポイポイいれるだけです。

このboxはダイソーのランドリーバッグです。

500円だけどしっかりしてます。

ハンガーにかけるのは子どもにはハードルが高いけど、これなら小さい子でもできます。

習慣化すると、
リビングに脱ぎ捨ててあるアウターをママが拾って歩くことがなくなりました。

⑤毎日使うカトラリーはさっと取り出せるように

カトラリーの投げ込み収納

例えば、
毎日家族が出し入れする自分たちのカトラリーは、引き出しを開けてさっと取り出せるように収納しています。

私しか出し入れしないお客様用のカトラリーは、この下のケースに入れてあります。

引き出しをあけたらすぐに取り出せるから、
僕たちでもお手伝いしやすいよ♪

 

⑥救急セットは開けたら一目で分かるように

救急セットの投げ込み収納

家族みんながよく使う絆創膏なども、
引き出しを開けたらすぐに分かるよう、
大きさごとに分けて立てて収納してあります。

ホントはケースに入れたりして収納すると見た目は綺麗だけど、き出しを開けてさらにケースの蓋をあけるのは、子どもには負担が大きすぎます。

なので、子どもたちが使う場所は、
ワンアクションで取り出せる仕組みにしています。

子供が自分でお片付けできるコツ② 余計な物を置かない

今まで、「片付けの時間だからおもちゃを片付けて〜」と言っても、一つ一つ細かく言わないと動けなかった子どもたち。

それどころか、終わって部屋を見渡してみるとまだポツポツとおもちゃが残っていたり。

そんな日々の繰り返しの中で、
あることに気がつきました。

物が溢れかえった部屋の中から、
片付けなければいけないものだけを区別することは、
子どもたちにとってはすごく難しいこと
だったのです。

そこで、
子どもたちが遊ぶリビングには何も物を置かないようにしました。

何もないリビング

そうすれば、片付けの時間になったら、出ているものを全て片付ければいいだけです。

自分で選別しながら100から30にするのは難しいけど、100から何もない状態の0にするのは簡単だったようです。

片付けの最後には、部屋に残っているものを見つけると自分で拾って片付けてくれます。

おかげで、今は寝る前に子どもたちが自分でリビングリセットしてくれるので、私の負担がすごく減りました。

 

スポンサーリンク

子供が自分でお片付けできるコツ③ 自分でできる仕組みを整える

小学校に入ると、学校で使ったものを片付けて、次の日に使うものを準備するという作業が増えます。

初めのうちは、帰ってきて親が早く準備しなさいと言っても一向に進まない娘。

何度も言い続ける母。

そのうちお互いの中にストレスがたまり続けていきました。

そのうち気が付いたのは、
娘は準備をしないのではなく、
何から手を付けていいか分かららない状態だった
ということです。

そこで、
帰ってきてからやることリストを作りました。

やることリスト
このリストのポイントは
持ち運びできることです。

娘はこのボードを持ち運びながら、
一つ一つ準備をこなしていくようになりました。

このボードを取り入れたことで、
どこまで終わったのかお互いが分かるのもいいところです。

これを繰り返していくうちに、
夏休みごろにはこのボードがなくても一人でできるようになりました。

《作り方》

このやることリストは、
エクセルで作った表を100均のホワイトボードに貼り付けただけです。

マグネットにも100均のシールを貼りました。

↓市販のものもありますよ

 

②学校専用ラック

専用ラック

初めのころは体操服を忘れていったり、ということがよくありました。

そこで、次の日にもっていくものは1か所にまとめて前日から置いておけるように学校専用ラックを作りました。

ここに制服をかけ、次の日にもっていくものをすべてまとめて置いておきます。

上のボックスには教科書が入っています。

登校するときは、
ここを見渡して何も残っていなければ忘れ物はないというチェックもできます。

1か所に全部まとめるのがポイント

《作り方》

カラーボックスを組み立てる前に、
背面版に100均のテーブルクロスを貼ってかわいくしました。

制服をかける棒は、ホームセンターに行くと専用の金具が売っているので、自分でドライバーがあれば取り付けられます。

↓自分で作るのが面倒な方は、便利な家具も売っていますよ。

 

スポンサーリンク

子供が自分でできる仕組みを整えると、ママが頑張らなくても綺麗なお家を保てる

子供が自分でお片付けできるようになるには、できない原因を取り除いてあげることが大切です。

子供が自分でお片付けできるようになる3つのコツ
①子供でもできる投げ込み収納
②余計なものを置かない
③自分でできる仕組みを整える

これらを改善したところ、我が家では自然と子供たちが自分でできるようになりました。

”やらない”のではなくて
”できない”だけだったんだね

いくら綺麗に収納されていても、目的のものが、引き出しを開けて、さらにケースの蓋を開けてやっと取り出せるのでは、家族がその動作を繰り返してるうちにすぐに乱れていってしまいます。

ママが頑張らずに家を綺麗に保つには、何でもピシッと片付けるのではなく、
子供が自分でできる仕組みを整えてあげると効果的です。

我が家もこの方法に変えてから、ママの負担が軽くなりました。

今では、ママが頑張らなくても、綺麗なお家を保てるようになりました。

現在ママ一人が毎日頑張っているという方は、
ぜひ一度この方法をとりいれてみて下さい♪

 

片付けと同じで、うちの子の場合は、
仕組みを整えたら自分から宿題をやるようになりました。

↓宿題のやる気スイッチの入れ方はこちら

【教員が解説】子どもが自分から宿題をするようになる『やる気スイッチ』を入れる4つのポイント子どものやる気スイッチを入れるポイントは、帰ってきてから椅子に座るという行動を習慣化させることです。とりあえず椅子に座る習慣が身につけば、自然とやる気スイッチが入るようになってきます。子どもが宿題をなかなかやらなくて困っているお母さんはぜひ読んでみて下さい。...

 

♡ワーママ主婦kaori♡
【Instagram】フォロワー5万人
ワーママ主婦がラクに楽しく暮らす
ための最新アイデア更新中♪
フォローする⇒

 

【Twitter】
時短家事ネタつぶやき中♪

フォローする⇒

この記事が参考になったら
下記のSNSボタンから
シェアしてもらえると嬉しいです♪
↓↓↓

スポンサーリンク
スポンサーリンク