子どもと暮らす

先生が考えた有意義な夏休みの過ごし方【子どもの力がぐんぐん伸びる】

アイキャッチ

 

私は小学校で働いていますが、
夏休み後に別人のように変わる子ども達をたくさん見てきました。

別人と言っても、
いい方に変わる子もいれば、
悪い方に変わってしまう子もいます。

夏休みをどう過ごすかによって、
その後の学校生活に大きな差が生まれます。

夏休みをどう過ごすかは、
それほど重要なのです!

 

とは言え、私も一昨年自分の子どもが初めての夏休みを迎えたときに、
親としての大きな壁にぶち当たりました。

夏休みになると、自由研究や読書感想文などの普段はない宿題が増えます。

ですが、親の仕事に夏休みはありません。

親は普段と同じ生活をしながら
毎日宿題がどこまで進んだかをチェックしたり、作文や工作までさせなければいけないのです。

それどころか、ラジオ体操や学童クラブの弁当づくりまで増えます。

一年目の夏は親も子も余裕がなく
ケンカばかりの夏休みとなってしまいました。

これではいけないと思い、二年目は親の立場と教員の立場から考えた
『親も子も負担にならない夏休みの過ごし方』を実行してみました。

その結果、子どもの力が大きく伸び、
2学期からは勉強面でも生活面でも大きく生まれ変わりました

そんな我が家で実証済みの、
『子どもの力が伸びる夏休みの過ごし方』について紹介します。

この方法は教員の立場と親の立場の両方を考慮して考えたので、
親も子も無理なく実現できる方法だと思います。

小学生の夏休みに関してまとめましたが、
幼稚園や中学生でも共通する部分はたくさんあります。

夏休み後にいい方へ生まれ変わらせたいなと思う方は、
ぜひ一度読んでみて下さい。

 

これだけは絶対やり遂げたい!夏休みの過ごし方

夏休みの過ごし方は家庭環境によって違いますが、
子どもの力を伸ばしたいならば、ぜひこれだけは挑戦してほしい
ということをまとめました。

計画の立て方を身につける

計画

夏休みに一番身につけてほしいことは、
自分で計画を立て、それをこなしていくという力です。

これは大人になってからもとても重要な力です。

何かのタスクがいくつかあるときに、自分でうまく計画を立ててそれをこなしていけるようになると、その能力は仕事などでも大きく生かされます。

とは言え、いきなり自分一人で計画を立ててこなすなんて、
ほとんどの子はできません。

夏休みが終わるころになって慌てて宿題を進めていく子は、
普段とは違う種類の膨大な宿題を前に、
何から手を付けていいのか分からない状態になっていることが多いです。

そのような子に対し、『早く宿題してしまいなさい』といくら言っても、
一向に片付いてはいかないでしょう。

我が子の初めての夏休みがそうでした。

8月の終わりにそうならないためにも、
まずは親子で計画を立てる練習をしていきましょう。

低学年の頃に親と一緒にきっちり計画をたてて進めていた子は、
高学年になると一人で計画を立てて進めていけるようになってきます。

低学年のうちにどれだけ親が関わってあげたかで、
その後の子どもの自立に大きく差が出てきます。

なので、低学年のうちは、
しっかり親がサポートしてあげましょう。

それでは、
計画の立て方を具体的に見ていきましょう。

 

計画の立て方①

やらなければいけないこと
やってみたいことをかき出す。

・学校の宿題
・習い事の宿題
・それ以外に挑戦してみたいこと

などを親子で相談しながら全部書き出してみます。

計画の立て方②

やることを計画表に書き込む

学校の宿題をやる日を計画表に書き込む

学校の宿題テキスト
(夏休みの友・ワーク)

1日何ページずつやるかを計算して、
予定表に書き込んでいく。

遅れたときに調整ができるように、
あらかじめやらない日も作っておく。
※これが意外と大事

大きな課題
(自由研究・読書感想文など)

学童クラブに通っている場合は、
土日に大きな課題を入れる。

計画表
学校の宿題は、
なるべく8月前半までには終われるようにするといいですね。

 

◎他のやらなければいけないことを書き込む

習い事の予定や宿題

日々のタスク量を目に見える形にするために、
習い事の日やそれらの宿題をやる日も計画表に書き込む

自学学習や苦手の克服

漢字が苦手な子は漢字ドリル・計算が苦手な子は計算ドリルをするなど、
何か学校以外の宿題で、自分の苦手なことを克服する時間もあるといいですね。

我が家の場合は、
1日1ページ自学ノートをすることにしています。

ここまでの作業で、
夏休みを有意義に過ごせるかどうかが8割決まります。

開始早々宿題を終わらせてしまってあとはのんびり過ごすタイプの子も、
毎日これだけはするという何かを決めて、
計画的に行動していく練習
をしましょう。

 

計画の立て方③

短いスパンの計画に変換する

学校でも計画表の提出が求められるので、
ここまではやっているよと言う方も多いのではないでしょうか?

ですが残念なことに、この状態までできても、
この計画表通りに進めていける子は、ほんのわずかしかいないのです。

大切なのは、
もっと短いスパンで計画をててこなすことです。

40日という単位で予定を立てると、子どもにとっては抽象的過ぎて実現しづらいし、1日でも予定が狂ってしまうとどうやって修正すればよいのか分からなくなってしまいます。

そこで我が家は、この計画表を見ながら、
この1週間でやらなければいけないことを付箋に書き出して貼りました。

日曜の夜に、子どもと一緒に今週のTodoリストを付箋に書き出して
それを学童に持っていく宿題に貼ります。

終わったものから線で消していき、
できずに残ったものを土日に一緒にやります。

《7月22日~28日にやること》

・ワーク3P4P5P6P7P
・計算ドリル⑤⑥
・漢字ドリル②③④
絵日記
・自学ノート①②③④

こんな感じで、
終わったものから消していきます。

やらなければいけないことが40日分あるより、
とりあえず7日分の方がやる気と集中力も続くみたいです。

余裕がある家庭は、
1日ごとに書き出すとさらに効果的です。

 

計画の立て方④

計画はズレても大丈夫

体調不良や急な予定などで計画がズレることがあるかもしれません。

必ずしもその日に終わらせる!とすると負担が大きいので、
無理そうな日はできなくても全然オッケーなのです。

大切なのは、
できなかった分をいつにまわすのか
計画を立て直す
こと

これは大人になってからも重要なことですが、
できなくてもうまく計画を修正していく力があれば、
物事を達成していくことができます。

よくありがちな失敗は、
一度計画がズレてしまったとたんにやる気がなくなり
もうどうでもよくなってしまうことです。

そうならないためにも、ズレたときに修正しやすいように、あらかじめ何も予定がない日など作るなどして、計画を緩めに立てておくようにしましょう。

また、低学年のうちは、自分で予定を修正するのは難しいので、
「今日できなかった分はいつにする?」と一緒に相談しながら新たな日付に書き込むところまでサポートしてあげるといいですね。

計画の修正
学校ではなかなか一人一人の計画まで細かく管理してあげることはできないので、
ぜひ夏休みに計画を立ててそれをこなしていくという経験をしてほしいと思います。

これらの経験は、これからの生活で大いに生きてきます。

特に受験のときなどは、
この力があれば親が気にかけなくても
勝手にぐんぐん伸びていきますよ!

なので、小学校の夏休みと言うのは、学力を伸ばすということよりも、
自分で計画を立ててタスクを完了するという経験が重要だと思います。

 

生活リズムを乱さない

早寝早起き

夏休み後の学校生活に支障をきたす原因の第一位は、
生活リズムの乱れです。

・夜更かしをして昼頃まで寝ている
・毎日部屋でゲームをしてあまり動かない生活をする
・好きなものだけを食べて生活する

このような40日を過ごした子は、
夏休み明けから学校生活がつらくて不登校などにつながったりする場合も少なくはありません。

1時間ほど遅くまで寝ている程度なら構いませんが、
大幅にリズムを崩すことのないように生活しましょう。

そして、1週間前には必ず起床時間と睡眠時間を学校スタイルに戻してください。

時差ぼけのまま新学期に突入すると、
最初の数週間はとても身体がつらいと思います。

夏休み怠けた分は、
新学期が始まってから倍の辛さで返ってきますよ。

 

自分のことは自分でできるようにする

最近子どもたちの学校生活を見ていて感じるのは、
自分の身の回りのことがまともにできない子どもたちが多いということです。

・自分の持ち物は自分で用意する
・洗い物などは自分で出す

など、最低限のことは1年生でもできるようになってもらいたいものです。

普段は慣れない学校生活で疲れて帰ってくるのでなかなか徹底できませんが、
子どもにとって余裕のある夏休みは、絶好のチャンスです。

少しずつ、
自分の身の回りのことは自分でできるように習慣づけていきましょう。

 

お手伝いをする

お手伝いには
メリットがたくさん!

【お手伝いのメリット】

・生活体験を学べる
・家族の一員としての役割を果たせる
・親の大変さが分かる
・ママがラクできる(笑)

毎日続けるということに意義があるので、
その子が無理なく続けられるお手伝いを一緒に決めましょう。

『毎日お手伝いをする』と言う決め方だと、
今日は何をしようかなぁ~と決めるところから考えないといけなくて
お手伝いのハードルが上がる
ので、
必ずお手伝いの項目は決めておきましょう。

例)
・靴をならべる
・お風呂を洗う
・洗濯をたたむ
・米を研ぐ
・お箸を並べる

例えば、難易度の違うお手伝いを二つ決めておいて
疲れていてどうしてもできないときは簡単な靴ならべをするというのがおすすめです。

大人になったらどんなに疲れていても家事をしなくてはいけないので、
両親はこんな思いをして自分たちを育ててくれていると感じてもらういい機会です。

必ず毎日続けるということが大切なので、
絶対にできるお手伝いを一つ決めておきましょう。

 

さらに上を目指す!夏休みの過ごし方

上を目指す過ごし方

夏休みの宿題を計画通りに進めていくことができて
さらに余裕のある人は、こんなことにも挑戦してみましょう。

目標を達成させる喜びを味わう


夏休みの計画表
にしてもお手伝いにしても
40日間やり遂げたという経験が大切です。

そのために、
毎日続けられるような親のサポートが必要です。
そして、
無事やり終えたときにはたくさんほめてあげましょう。

 

余裕のある場合は、プラスαとして
普段はなかなかできないことにも挑戦してみましょう。

例)
・逆上がりができるようになる
・縄跳びで5分飛べるようになる
・水泳で25m泳げるようになる
・九九が3分で言えるようになる。
・ピアノで○○が弾けるようになる

何でもいいので、ちょっとがんばったらできるようになりそうな目標を設定して、夏休み中にその目標を達成できるように頑張れるといいですね。

 

非日常体験をする

非日常体験
長期休みだからこそ、
普段の生活ではできない非日常体験を楽しみましょう。

家族で休暇がとれる場合、

・どこかへ旅行へ行く
・バーベキューをする
・海水浴に行く
・キャンプをする

などもいいかもしれません。

とは言え、
必ずしもみんなの休みが重なるとは限りません。

家族で出かけられない場合でも

・子どもだけの自然教室などに参加する
・祖父母の家に一人で泊まりに行く

など、普段はできないことを経験できるといいですね。

 

普段はできない学習を

普段はできないことと言えば、
学習においても当てはまります。

夏休みは時間がたっぷりあるので
・プログラミング学習
・英語学習
・タブレット教材
など、に挑戦してみるいい機会です。

おすすめのタブレット教材
タブレット教材

近年は、タブレット学習の効果に注目が集まっています。

タブレット学習では要点がサクッとまとめられていて、
視覚と聴覚の両方から刺激を与えてくれる優れた教材です。

そして、何よりもすごいのは、
自然と反復学習が行えるようにプログラミングされていることです。

学習において重要なのは、
できなかった問題は次は解けるようにするということです。

なので私は子供たちに、
分からなくて聞いたり調べたりした問題には必ず星マークをつけるという習慣をつけさせています。

間違えた問題や星マークがついている問題はもう一度解き直し、
分からないまま終わることのないようにと指導しています。

ですが、なかなか自分でそこまで管理するのは難しいことです。

それをタブレット学習では自然とやってくれるのです。

まちがえた問題だけを最後に解き直すことができるので、
できないまま終わることがないように設定されています。

 

おすすめのタブレット教材は、
進研ゼミのチャレンジタッチです。

\無料資料請求はこちら/


おすすめポイント① 反復学習できる

反復学習
間違えた問題を何度も反復して出題してくれるので、
自然と弱点を克服できます

 

おすすめポイント② 視覚と聴覚で学べる

デジタルのよさ

デジタルなので、
・漢字学習では止めはねまでしっかりチェックしてくれる
・理科などの学習では、映像から学べる
・算数では分かりやすいアニメーション解説付き

 

おすすめポイント③ 子供に与えても安心な設計に

安心設計
タブレット教材は魅力的だけど、
子どもにタブレットを使わせることに不安を感じる方はいませんか?

チャレンジタッチなら、
そんな方でも安心して子供に使わせられる工夫が満載なのです。

《子どもが使っても安心設計》
・ネットには自由に繋げない設定
・目を守るブルーライトカット機能付き
・Wi-Fiがないところでも学習できる
・姿勢が悪くならない設計に

これなら安心して子供に使わせられますね。

 

おすすめポイント④ 英語学習もできる

追加料金なしで英会話の学習もできます♪
英語

 

おすすめポイント⑤ プログラミング学習もできる

これからの時代に必須なプログラミング学習

こちらも定期的に配信されています。

ゲーム感覚で楽しみながら
プログラミングの基礎が学べますよ♪
プログラミング

 

おすすめポイント⑥ 受講費が安い

塾などの受講料って
驚くほど高いですよね??

小学生の平均的な塾代は
2教科で1万~2万

それに比べ、
チャレンジタッチなら5教科総復習でもリーズナブルな価格設定になってます。

勉強が難しくなる小学校3年生の場合
月あたり3672円(12か月払い)

受講費
5教科すべての学習ができてこのお値段なら、
気軽に始められますね!

もちろん年会費などは無料です。

塾とは違って、
自分の好きな時間にできるというのも魅力的です。

 

おすすめポイント⑦ 始めるなら今がチャンス

キャンペーン中

今なら、タブレット代金無料キャンペーンをやっています。

8月・9月と体験してみて、やっぱり必要ないなと思った場合に、
通常なら約1万円かかる返却代金が、なんと無料になります!

これなら気軽にお試ししてみることができますね。

さらに夏休み期間中は『解き直しシステム』が利用できるので、
1学期の苦手を克服して、2学期に良いスタートをきれるチャンスです。

夏キャンペーン

なかなか自分で1学期の復習をしていくのは難しいと思いますが、
チャレンジタッチなら楽しく進めていくだけで自然と総復習ができカリキュラムが組まれています。

今のうちに苦手を克服してあげたいけど、
親がそばについて見てあげられない人は
ぜひ一度チャレンジタッチをお試しください。

\詳細はこちらから/


 

夏休みを有意義に過ごすために

夏休みの過ごし方でその後の人生が変わる!
と言ってもいいほど、重要な夏休み。

何も予定を立てずに夏休みに突入してしまうと、
そのまま何もせずにあっという間に40日がすぎてしまいます。

そうならないためにも、
まずは親子でしっかり計画を立てましょう
夏休みに身につけたいこと

・計画を立ててそれを達成する
・自分のことはできるようにする
・毎日お手伝いする

さらに余裕のある人は
・新しい目標に挑戦する
・非日常体験をする
・普段はできない学習に挑戦する

初めに見通しを持って計画を立ててしまえば、
あとは一週間ごとに予定をチェックしてあげればいいだけなので、
親の負担もだいぶ軽くなりました。

9月になって再び学校に行くとき、

充実した夏休みだったなと思えるように、
親としてもしっかりサポートしていきたいなと思います。

 

勉強が嫌いな娘が毎日自学ノートをするようになった
『やる気スイッチ』の入れ方はこちらから♪

【教員が解説】子どもが自分から宿題をするようになる『やる気スイッチ』を入れる4つのポイント子どものやる気スイッチを入れるポイントは、帰ってきてから椅子に座るという行動を習慣化させることです。とりあえず椅子に座る習慣が身につけば、自然とやる気スイッチが入るようになってきます。子どもが宿題をなかなかやらなくて困っているお母さんはぜひ読んでみて下さい。...

 

親に余裕がないと、
充分に子どものサポートをしてあげることはできません。

荒れ果てていたお家から、
時間と心にゆとりを生み出した暮らしの整え方は、
こちらにまとめてあります。

もっとラクして子どもと楽しく暮らしたいという方は、
ぜひ一度読んでみてください。

\ラクしたい人は読んでみてね/

暮らしの整え方